シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

雰囲気ぶち壊しだよ! 彼がデートで幻滅する瞬間4選

大好きな彼女に少しでもカッコイイと思ってもらえるよう、一生懸命“キメて”きた彼。デートに向けて、準備は万端です。「彼女も同じように思っているだろうか?」不安と期待が入り混じるも、彼女とのデートを楽しむ彼。そしてそんな彼の隣には同じようにデートを楽しむ彼女。しかし次の瞬間、幸せを噛み締める彼女をよそに彼の心は急激に冷めていってしまって……?

気づいてしまった彼女の○○…!

(1)処理が甘く、ムダ毛が目立つ

「ふたりでメニューを見て注文する品を選んでいたとき、写真を指差す彼女の指毛に目がいってしまい、料理を選ぶどころではなくなりました」(25歳/製作/男性)

▽「髪を切ったこと、ネイルやメイクを変えたこと、彼好みに合わせた服を着ていることには気づかないくせに」と思ってしまうかたもいらっしゃるかもしれませんが、ワキ、腕、指毛など、男性は意外とムダ毛のチェックをしているみたいです。鼻の下のうぶ毛にも要注意!

(2)食べかたが汚い

「フォークや箸を握るみたいにして食べる人は嫌ですね。将来結婚したとして、自分たちの子どもに箸の持ちかたをまともに教えることもできないようでは困ります」(29歳/公務員/男性)

▽ 食べかたを重視する声は男女問わずよくあがりますよね。手厳しい意見ではありますが、たしかに握り箸は“マナーがいいもの”とされていません。しかし長年親しんだ箸の持ちかたを直すというのは、なかなか骨の折れる作業。すぐに直せる自信がないひとは、まずテーブルマナーの確認からしてみては?

(3)態度が悪い

「カフェの店員に対して横柄だったりするのは論外。ただ、俺に対してもマウンティングをとるようなかんじでこられると『なんでコイツと付き合っているんだったっけ?』という気分になる」(27歳/教師/男性)

▽ 生きていればイライラすることはあります。しかしそれでも……いえ、そういうときこそ、大人の余裕や女性らしい“おしとやかさ”を忘れないようにしたいものですよね。

(4)非を認めない

「自分が悪いって認めない人ってなんなの。毎回そんなかんじだと、とてもじゃないけどやっていける気がしない」(30歳/営業/男性)

▽ 自分のことに置き換えて考えてみていただきたいのですが、話し合いが成立しない相手とずっと一緒にいるなんて「はっきり言ってムリ!」だと思いませんか? つまり、そういうことです。

かわいい彼女を目指して!

今回問題提起としてあがってきたのはそこまで細かい事柄ではなく、わりと“当たり前”な部分が多かった気もします。彼に「いい女だ!」と思ってもらえる女性になれるよう、常日頃から努力を怠らないようにしたいものですね。