シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

雪とたわむれるジャイアントパンダが可愛すぎ♡ でもクマの仲間なのに冬眠しないのはなぜ?


韓国のテーマパークとしては最大級の規模を誇る「エバーランド」。絶叫マシンなどのアトラクションや巨大庭園などもありますが、中でも「パンダワールド」は国内で唯一ジャイアントパンダに出会える場所として大人気なのだとか。

エバーランドのインスタグラムには、ジャイアントパンダが雪とともに豪快に遊ぶ動画が公開されていてとっても可愛い! 上野動物園でもシャンシャンが大フィーバーとなっていますが、パンダの見た目や動きって世界共通のかわいさですよね。

でも……パンダってクマの仲間って聞いたことあるけど冬眠しないんだろうか……? 考え出したら気になってきたわ、これ。

【そもそもパンダってクマの仲間なの?】

まずジャイアントパンダはクマの仲間なのかどうかですが、種類としては「食肉目クマ科」となっています。これまでさまざまな議論がおこなわれてきたなかで、DNAの検査結果などから現在はクマの仲間であるとされているのだそう。

【パンダが冬眠しない理由】

基本的に寒い地域で暮らすパンダ。クマの仲間であるならば、ヒグマやツキノワグマのようになぜ冬眠しないのか、ますますもって謎……! 上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」を見てみると、その答えが書かれていました。

冬眠というのは、冬に餌が乏しくなる地域の動物が、厳しい冬を乗り切るための方法のひとつですが、ジャイアントパンダが主食にしているタケ・ササは、冬でも枯れず、一年を通して安定して食べることができる食糧なので、冬眠する必要がないのです。

へぇぇーーーーっ、そんな理由があったとは! また、冬眠するクマはどんぐりなど高カロリーの餌を食い溜めして冬眠中は飲まず食わずで生きられますが、ササは栄養価が低いため冬眠するだけのカロリーを摂取しておくことはできないそう。

【パンダが冬眠しない理由】

こうした理由で「エバーランド」のジャイアントパンダも、冬の寒い中でもあんなに元気に雪とたわむれることができるのね!

われらが誇る上野動物園のシャンシャンも、冬まっただ中の現在も一般公開中。竹で遊んだりゴロンゴロンしたりと愛らしい姿を見せていますよ。「UENO-PANDA.JP」では開園時間中の9時30分~17時までシャンシャンのライブ映像も配信していますので、観覧に行けない人はぜひこちらで見てみてくださいね。

参照元:UENO-PANDA.JPInstagram @witheverland
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch