シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

隣のアイツとワタシが!? 「職場で微妙な関係」でも使えるテク

みなさんは、運命の相手って信じますか? 

先日、『Menjoy!』でお伝えした「みーつけたっ“運命の相手”が潜んでいる場所…圧倒的1位は?」では、運命の相手を見つけた場所として、“職場”をご紹介いたしました。

今回は、多くの人が運命の相手を見つけたという“職場”において使える恋愛テクニックをご紹介。

『Menjoy!』のデータから、日常のルーティンワークの中でも、自然に使えるものをピックアップしましたので、読んで損はないかもですよ。

 

■1:抱きしめフェロモンが大量にドバ!

いつもの職場で簡単にできるのに、たっぷりモテちゃう。

1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる“女のしぐさ”4つ」では、そんな、まさに知らなきゃ損なモテテクをご紹介。

例えば、仕事の合間に女性のする“のび”の姿は、抱きしめホルモンが大量に出ているのだとか。その子ども同然の無防備な姿で、職場の男性を知らぬ間に「キュンっ」とノックアウトしているかも。

 

■2:まずはプライベートな話が効く!

1時間に1回くらいのペースで、たっぷり伸びをして、気になる同僚をドキドキさせたら、次はもっと個人的に仲良くなっていきたいですよね。

リスキーだけど燃える恋!仕事関係の男性を誘惑する3ステップ」では、プライベートに誘うのはなかなか微妙な、仕事関係の男性と、無理なく恋愛モードになってっちゃうステップをご紹介。

「取引先・関係会社の女性からどんな恋のアプローチをかけてほしいですか?」と男性500人に尋ねたところ、まずは「プライベートな話から始めてほしい」と回答したのだとか。

具体的には「休みの日は何をしているんですか?」なんて無難な話でもOK。「話の幅も広がるし、どこかに遊びに行こうと言いやすい」と男性はちょっとのきっかけで俄然、積極的になれるようですよ。

 

■3:不意のタメ口で、一気に心理的距離を縮めよう!

「1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる“女のしぐさ”4つ」から、もう一つテクをご紹介。

普段は敬語で話さなければならない男性相手でも、飲みに連れて行ってもらったときなどに、不意に「あのさ……」と軽いタメ口で話してみるという、ちょっと高等なテク。

タメ口は心理的距離を一気に縮める効果があるだけでなく、うっかりミスで言っちゃったというおちゃめな部分が見せられるのも好感触なんだとか。

言葉の一線を、うっかり越えちゃったとき、二人の関係も一線を越えちゃうのかも。

 

いかがでしたか? “仕事の関係”という体面上、なかなか一線は越えられないものの、だからこそ、そこを越えたときに、運命を感じちゃう人が多いみたい。でも、なかなか越えられないよ、というみなさんは、上記の『Menjoy!』テクを活用してみてくださいね。

 

【姉妹サイト】

※ この3つで失敗なし!「スイスイ歩けて美脚も叶える」靴選びのコツ