シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

限界がくる前に気づいて! 男性が「束縛されているな」と感じる瞬間

「束縛されるのが嫌い」というのはよく聞く話ですが、そもそもどこからが束縛なのかわからないもの。ただ彼のことが好きだからやっていた行動が、結果的に「束縛がきつすぎてもうムリ……」と思われてしまうこともあります。
そこで今回は「男性が『束縛されているな……』と実感する瞬間」についてご紹介します。

1. 遊びや仕事を制限してくる

・「男同士で遊ぶだけなのに、『私よりも友達を優先するんだね』と言われると冷める。束縛されてるなと思いますね」(20代/製造)

・「残業や休日出勤をやたら責めてくること。俺はやりがいがあって楽しいのに、『そんな会社もうやめちゃえば?』と否定されるので複雑」(30代/広告)

▽ 楽しみややりがいに口を出されると、「束縛されているな」とマイナスな印象に。彼女と別れて自由になりたいと考えてしまうことも。
怒りをぶつけるのではなく「私とも遊んでほしいな!」「次はいつ会える?」と、かわいくおねだりしてみましょう。

2. 返信が遅いと怒る

・「少しでも返信が遅いと『いままで何してたの?』とキレる。しかも何回もLINEを送ってきたり、鬼電してくることもあるので怖い」(30代/通信)

▽ 「もう仕事終わってるはずだよね? 何で返信してこないの?」「LINEしている最中に寝るなんてありえない!」など、連絡が遅いことを必要以上に責められるとゲンナリ。スマホを見るのさえ怖くなります。
付き合っていても彼の時間は制限できないのだと、肝に銘じておきたいですね。

3. スマホやSNSチェックをされる

・「定期的に俺のスマホをチェックする彼女。やめてと言うと『何か見られたくないものでもあるの?』と逆ギレしてくるから困る」(20代/接客)

・「俺のSNSをチェックしては、『○○くんをフォローしているこの女誰?』と聞いてくる。最近それが面倒くさすぎて、SNSやめましたもん」(20代/建築)

▽ たしかにデート中も彼がスマホをイジっていたら気になるもの。だけどさすがにスマホチェックはプライバシーの侵害ですよね。不安になることもありますが、自分は彼女なのだともっと自信を持つべきなのかも。

4. 無理矢理ペア物やお弁当を持たせる

・「『職場の女子と浮気されたらイヤだから』と、無理矢理ペア物のキーホルダーや、彼女の手作り弁当を持たせてくること。この歳でかわいいキーホルダーって恥ずかしいし、たまには同僚と飯を食べに行きたいときもある。彼女の愛が少し重いです……」(30代/営業)

▽ 嫌がる彼にペア物やお弁当を持たせる行為。愛されているというより、どこにも逃げないように縛り付けられているようで、息がつまってきます。ペア物は一緒に買いに行く、お弁当は一言「今度作ってもいい?」と聞くなど、彼への配慮が大切になってきます。