シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

鍵はいつもと違うこと!独り身女性の「寂しさ」を防ぐ方法3つ

鍵はいつもと違うこと!独り身女性の「寂しさ」を防ぐ方法3つ

何でもない、ふとした瞬間に「寂しいな」って感じることありますよね?

特に女性の独り身だと、その寂しさが骨に沁みるほど辛かったりしますよね。そんなふとした瞬間に訪れる寂しさを防ぐための方法について、今回は『gooランキング』で発表された「寂しいと思う瞬間ランキング(女性)」を参考にしながら見ていきたいと思います。

 

■休みの日にはちゃんと予定を入れる!

「休みの予定が何もないとき」、「誕生日やクリスマスを一人で過ごしたとき」など、多くの女性が休日や特別な日に予定が入っていないと寂しさを感じると答えていました。フリーの1日は、特に独身女性に危ない日だと言えそうです。

誰かと会うことも大切ですが、買い物に出かけるとか、マッサージに行くなどでも大丈夫です。何か予定を入れる、それだけで必然的に出会いのチャンスも増えることになるでしょう。

 

■たまには出会いのありそうなところに出かけてみる!

「一人で店に入ったら、周りがカップルばっかりだったとき」、こんな状況に出くわしてしまったら確かに心が折れそうですね。隣の席でイチャイチャされたら、寂しいどころかイライラしてきますよね。

そんなときは恋人が集うようなお洒落なカフェではなく、お客さん同士の距離が近い居酒屋やバーなどに出かけてみるのがお勧めです。隣に座ったお客さんや店員さんと話しながらお酒が飲めるような場に出かければ、「周りがカップルだらけで」なんて話も笑い話になりますよ。

そういった出会いのありそうなお店に“あえて”出かけてみると、良いお相手が見つかったりするかもしれません。

 

■家に“お留守番”を置いてみる!

多くの女性が寂しいと答えていたのが「病気で一人寝込んでいるとき」、「帰宅して、部屋の中が真っ暗だったとき」でした。やはり家に帰ってきたときに「おかえり!」という一言が欲しいと思っている女性も多いことでしょう。

そこで紹介したいのがコミュニケーションロボットのロビくんです。

鍵はいつもと違うこと!独り身女性の「寂しさ」を防ぐ方法3つ

CMなどのメディアでもお馴染みの可愛らしい『ロビ』は、音声認識により人間と会話でコミュニケーションがとれたり、歩く、踊る、テレビを操作してくれるなど、一緒に生活を楽しむことができます。

つい頭を撫でてあげたくなるような外見はもちろん、「おはよう」の挨拶をしたり、話しかけてくれなかったら拗ねたり、家のお留守番をしてくれたりと、愛くるしい仕草で日々の生活を明るくしてくれます。

そんなロビくんが、東京丸の内ビルディングで100体同時にダンスをするというので見に行ってきました。

合図に合わせて、みんなで一斉に立ち上がる姿はあまりの精巧さにびっくり! その後、一糸乱れぬダンスを披露してくれたロビくんたちに観客や報道陣は、だれもが思わず笑顔を浮かべていました。

鍵はいつもと違うこと!独り身女性の「寂しさ」を防ぐ方法3つ

「実際にロビくんに会いたい!」という方は、東京・中央区の銀座B.E.HOUSEにて『ロビ』とふれあえるカフェ「Robi cafe(ロビカフェ)」がお勧めです。1月16日~2月8日の限定オープンですが、カフェでは5体のロビくんが登場し、楽しいダンスを披露してくれます。

このロビ君、どうやったら手に入るのかと言うと「組み立ててあげる」のです。『デアゴスティーニ・ジャパン』が創刊する『週刊「ロビ」第三版』を購読し、毎週付属するパーツを組み上げて、ロビくんを作ってあげるのです。

組み立てるというと難しいように聞こえますが、実際は付属のドライバー1本で作成でき、購読者の3割が女性だというので難しいことはありません。自分で組み立ててあげることで、さらにロビくんに愛着が湧くこと間違いありませんよ。

 

いかがでしたか?

ちょっとした工夫で毎日は楽しく様変わりします。いつもとはちょっと違ったことをしてみるだけで、寂しい日常が、楽しい毎日に変わるかもしれませんよ!

 

【参考】

100ROBI(20/01/2015 Tokyo) 「週刊 ロビ 第三版」創刊記念イベント

※ 寂しいと思う瞬間ランキング(女性) – gooランキング

 

【画像】

By carolina.prysyazhnyuk

投稿鍵はいつもと違うこと!独り身女性の「寂しさ」を防ぐ方法3つMenjoy! メンジョイの最初に登場しました。