シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

都合のいい彼女なんてまっぴら!彼氏から都合のいい彼女と思われてるサイン

1:都合のいい彼女ってどんな彼女?

彼のスケジュールに合わるため、何よりも彼と会う予定を最優先にするために、自分の時間がどんどんなくなってしまう……そんな人は都合のいい彼女になっている可能性が高いです。そして、彼氏のドタキャンに柔軟に対応してしまっている人も要注意。

さらに金銭面でも、彼氏に望まれるがままにお金を出してしまうような彼女であれば、それはもうお財布同然。必要なときにだけ甘えてきますし、完全に都合のいい彼女に決定です。

 

2:私ってもしかして…都合いい?彼氏から都合のいい彼女と思われているサイン5つ

(1)急な呼び出しで彼の部屋に集合

好きな人が少しでも「会いたい」と言ってくれたら、それだけで幸せですよね。ほんの少しの時間だって、会えるから会いたいと思うのは恋してる女子なら当然のことです。

しかし、だからと言って彼の都合や気分で振り回されてしまっていては、自分のための時間がおろそかになってしまうのは言うまでもありません。

そんな急な呼び出しなど、彼の要求に素直に従っている女は、間違いなく彼の都合のいい彼女です。

(2)ふた言めには「金がない」と言う

これは、完全に彼女に対する彼氏の甘えです。本当に好きな子や大切にしたいと思っている子に対して、男性はこうした発言はしないでしょう。

いつでも男がデート代を準備しておけということではありません。ただこのような言葉には、相手への気遣いが感じられません。これまでもずっと、女性からお金の面で甘やかされていた証拠ともいえます。

(3)「忙しい」が口癖

確かに、仕事に追われて始終忙しくしている人は、世の中にたくさん存在します。だから、彼女とは月に1回会えれば十分だろうと考えている男性も少なくないでしょう。でも女性のほうはもっと頻繁に会いたいと願っているとすれば、そこですれ違いが起きます。

それをただ「忙しい」のひと言で済ませずに、会えなくても電話をしたり、優しい言葉を添えて彼女の心のケアをするかしないかで、その男性の本気度が伺えます。それがない場合には、彼にとって都合のいい彼女でしょう。

(4)電話はスルー

体調が優れなかったり、不安で眠れない夜は、好きな人の声が恋しくなります。何かをしてほしいというわけではなく、ただ声が聞ければ十分という気持ち……。それほどに好きな人の声というものは、パワーと安心感を持っています。

しかし、必要としたときにも向き合う姿勢が見られず、電話もかけ直してこないようでは、適当な扱いをされていると思っていて間違いありません。

(5)飲み会優先

休みの日は飲み会や趣味を最優先し、彼女との予定をドタキャンできると思っているようではたまりませんね。

彼女がどれだけその日を楽しみにしているかも考えずに、簡単に予定の変更をされ続けると、彼への信頼感も薄れていきます。やがてそれが悪循環となり、彼は余計に自分勝手な行動を続けるでしょう。そして、彼女は都合のいい女となってしまうのです。

 

3:都合のいい彼女なんてもうイヤ!彼氏から都合のいい彼女と思われない方法3つ

(1)脱・彼氏最優先

恋愛してる女性が、どうしても彼氏のことを最優先にしたくなるのは、ごく自然な感情です。だって、一緒にいるときは何をしているときより楽しいし、トキメキもあるし、何より安心感がありますからね。

だからといって、彼氏を優先させるがあまり、友達と疎遠になってしまったり、趣味に没頭する時間を失ってしまうようでは、本来の自分を失ってしまうのと同じです。バランスが大事。彼氏も大切だけど、極端な優先は避けましょう。

(2)脱・すべて彼氏のため

自分のことよりも彼氏が大事で、それが活力になって何でも頑張れる、というモチベーションもありますよね。仕事も彼のため! ネイルやマツエクだって、彼にかわいいと思ってもらうため! お買い物も彼好みの洋服を着るため……。

そうやって、何でもかんでも「彼のため」になってしまうと、いつかそれは限界に達して、すべてが壊れてしまいます。彼のために頑張ることはいいことだけど、いちばん大切にしなくてはならないのは、自分自身です。

(3)脱・彼氏依存

彼氏以外何も見えなくて、それ以外に楽しいことも見つからないと、ついつい依存しがち。でも、それは都合のいい女のはじまりです。

依存は弱みにつながります。何を言っても受け入れてくれると相手は思い、それにつけこんで平気で心を傷つけます。さらに、依存している状態では、傷ついていることにすら気がつかない場合もありますから、本当に気をつけたいところ。まずは、依存から抜け出しましょう。

 

4:まとめ

彼氏にどれだけ尽くして、どれだけ受け入れてあげられるかだけが、本当の愛というわけではありません。本当の愛の意味をはき違えてしまうと、心身共にボロボロになってしまいます。

自分の意思や自分の時間をしっかりキープできて、なおかつ相手を大切にできてこそ、本当に息の合ったパートナーですね。