シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

遺伝子で結婚相手を選ぶ!話題のDNA婚活とは?!

結婚相手も遺伝子の相性で決める時代?!

遺伝子レベルで見極める話題のDNA婚活に迫る

マッチングアプリ、婚活アプリなどの普及によりAIによるまだ見ぬ相手との相性診断なども実用的になった昨今ですが

最近は遺伝子検査さえも婚活の相性診断として活用できるようになったとのこと。そこで、今話題のDNA婚活について、システムや詳細などまとめてみました。

そもそもDNA婚活とは

デート

DNA婚活とは、遺伝子検査を元に相性をチェックして行う婚活のことです。

最近では覆面の状態で予め行っておいた遺伝子検査の結果を元に、マッチングをして談笑し合うという新しいカタチの婚活パーティーもあるそうです。

覆面ということは、もちろん顔が見えない状態でのお見合いで、なんと年収などの条件は提示されずに”遺伝子のみの相性の良さ“で相手を見つけていくという婚活イベントもあるようです。

しかし、遺伝子の相性が良い者同士なので会話の中から「共通点」を見つけたり打ち解けるのが早かったりという点で、有効だそうです。

その斬新さからDNA婚活は各メディアでも多数取り上げられているほど今、とても話題になっています。

海外では既に4,5年前から実施

さて、このDNA婚活は日本のみのサービスかというと違います。なんと既に4,5年前にはスイスやアメリカで活用されていたとのこと。

現在では世界の約50か国ほどでDNAを用いた婚活が実施されているそうで、日本の結婚相談所もいくつか活用するなどまるでSF映画のような光景が現実化してきています。

どのようにしてDNAを調べるの?!

そもそもは、遺伝子の中の恋愛遺伝子と言われている“HLA遺伝子”を調べます。

HLA遺伝子とは、ヒト白血球抗原のことで数千万種類あると言われている。病気や免疫と関連している遺伝子のこと

(参考:HLA Labolatoryサイトより)

よく「匂いが好きな異性は遺伝子も遠いので相性が良い」という話を聞いたことがありませんか?実は匂いが良いと感じる異性ほどHLA遺伝子が遠いから、本能的に嗅ぎ分けているのではないかと言われているのです。

婚活のためのDNA検査は痛くないの?

DNA婚活のサイトもしくはDNA婚活サービスを取り入れている相談所に会員登録をしキットを購入します。すると自宅にDNA採取キットが送られてきます。

そしてDNA採取キットに入っている、麺棒で口の中の粘膜を少し取ります。口の中を麺棒でこするだけなので痛くはありません。

その麺棒を返信用封筒で送ると検査機関で行われた遺伝子検査の結果が紙面もしくはサイトで確認できるという仕組みです。

DNA婚活検査を受けるとどんな結果が出るの?

家族

DNA婚活はいくつかの企業が行っていますが、例えば「妊娠のしやすさ」や「魅力度」「相性度」などを確認することが出来るそうです。

ほとんどが結婚相談所と提携してサービス提供をしておりますので

  • 自分自身のDNAを調べる
  • その情報を元に相性の良い相手とマッチング
  • お見合い(もしくは数名で婚活パーティー)

というDNAマッチングの方法を取っている場合が多いようです。

どんな人が使っているの?

30代向け婚活サイト

DNA婚活は婚活を効率的にしたい方が活用しているそうです(20~30代の女性に人気だそう)

大手の結婚相談所では「DNAマッチングプラン」として会員のオプションサービスとして利用する方もいるそうです。もしくは、AmazonでもDNA婚活を取り扱っているようです。

価格は様々で2人(ペア用)で50000円前後のところもあれば、月額で数千円程度から利用できるところもあるとのこと。大手結婚相談所ではDNAマッチングプランというのがあり、入会に30000円、検査に50000円(月会費で15000円)という価格設定の場所もあすようです。

一度の検査に30000~50000円必要ですのでDNA検査が一般化してきたとは言え、まだまだ簡単に受けられるほどの手ごろな価格とは言えないですよね。

遺伝子を重要視する方にとっては、効率的な方法の1つかも知れませんね。

DNA婚活のメリット

婚活パーティー

DNA婚活を行うことのメリットは、年収やルックスなどの条件面が合わない方でも「遺伝子の相性が良い」と知ることで興味を持ちやすい。つまり結婚相手としての選択肢が広がりやすいという点ではないでしょうか。

また、実際に結婚した後に妊娠しやすかったり、離婚率が低くなったりするなどと言われています。

どれくらいの精度があり、当たるのかは分かりませんが結婚相手を選ぶ際の1つの判断材料として活用する分にはアリなのではないかと思います。

DNA婚活のデメリット

逆にDNA婚活のデメリットは

  • 価格が高価(一度の検査で50000円するところも)
  • サンプル数が少ないので果たしてマッチングできるのか
  • 効果がまだ分からない

などが考えられます。DNA検査で相性の良い相手が見つけられるというのは非常に画期的で最新技術を用いたサービスではありますが、まだ日本ではスタートしたばかりですので検査機関(恐らく海外)への輸送料などの関係もあり、検査価格がそこそこ高価です。

また、マッチングするにもまだDNA検査をしている人の母数が少ない為、本当の意味での相性が良い相手を探すには不十分かもしれません。もっと多くの人が活用できる時代が来るとサンプル数も増えてマッチングの質も上がるかも知れません。

また、DNA婚活を行った上で結婚をすると本当に離婚率が下がるのか、まだ日本でのデータはこれからといったとことですので、今後のシェア拡大に期待です。

まとめ

DNA婚活は、付加価値のプラスとして使えるのかも?!

話題のDNA婚活は、簡単な検査で相性の良い相手とマッチングしやすくなるためのシステムとのこと。まだ、DNA婚活を通じて出会った男女の結婚自体はこれから増えていくと予想されますが、遺伝子だけを頼りに決めるのは社会生活を営んでいる私たちにとっては少し難しい事かも知れません。

相手選びの1つとして「食の相性」「性格の相性」「生活の相性」などと同じように「遺伝子の相性」も見てトータルで判断していくと良いのかも知れないですね。

The post 遺伝子で結婚相手を選ぶ!話題のDNA婚活とは?! appeared first on まりおねっと.