シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

違う〜!「プロフの3倍キモいオトコ」が来た時に脱出する方法3つ

近頃は、様々な婚活サイトやSNSなどで、オンラインでの出会いも増えています。ところが気をつけないといけないのが、大抵の人が、プロフィールに実物よりも倍以上は写りが良い写真を使用している点です。そのままの姿を期待しながらデートに挑んだら、トンでもない目に遭ってしまう可能性も……。

そこで、そんな事態に陥ってしまった時にどうすればよいか、海外女性向け情報サイト『all women stalk』に掲載された記事を参照に、“プロフの3倍キモいオトコが来た時に脱出する3つの方法”を伝授したいと思います。

 

■1:「体調が悪くなった」と言ってデートを早めに切り上げる

気分が悪い、お腹の調子が悪くなったなど、“病気”カードを使えば、ほとんどの人が理解を示してくれるでしょう。なので、デートから逃げ出したい時は、この手が一番手っ取り早く相手を傷つけずに脱出できるでしょう。

ですが、後で相手から「体調はどうですか? もし良かったら改めて会いませんか」と、あなたの体を気遣うメールが届く可能性大です。うまい言い訳が思い浮かばないのなら、“仕事で忙しい”といった、ありきたりの理由で断り続けて察してもらうしかないでしょう。

 

■2:友達に助けてもらって逃げ出す

あらかじめ友達に、ネットで知り合った人とデートに行くことを告げて、「必要とあらば、私がデートから抜け出せるように連絡して」とお願いしておきます。

プロフィールとは似ても似つかない人が来た場合、しばらくしてトイレに行って友達に連絡。15分後ぐらいに、友達にメールや電話で連絡してもらうよう頼んで、「友達がトラブってるから行かないと」と、理由をつけて席を立ちましょう。

その場合は、写真で騙されたとはいえデートを途中でブッチするので、お茶代ぐらいなら相手の分も払って帰る気配りを見せたいものです。

 

■3:「用事を思い出した」と言って、そそくさと退散

デートの途中で助けてくれる友達がいないのなら、前もって早めに退散できる理由を考えておきましょう。相手が現れてプロフィールより3倍キモかったら、「これから用事があるのを思い出して、1時間しかいられない」と最初から伝えておくのです。

この場合、1時間はプロフィール写真で騙した相手に付き合わないといけませんが、これも経験だと思って我慢しましょう。

 

最近は、エフェクトをかけて肌のトーンをキレイに見せたり、写真を加工したりするのは当たり前。あなたも多少なりとも写真に手を加えているのなら、人のことを厳しくは言えません。もし心配なら、実際に相手に会う前に、最近の写真を数枚メールしてもらってルックスの確認をとっておくのも手です。

たとえ相手を見て逃げ出したくなっても、少しぐらい会話を楽しむ努力は必要かもしれません。意外に話が盛り上がる可能性もあるし、とりあえず相手にチャンスを与えてみてはどうでしょうか。

 

【参考】