シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

運転下手な彼氏は嫌!運転が下手すぎる彼氏とのドライブエピソード

1:運転が下手な人っていますよね…

女性は男性に比べて、運転が下手な人が多いといいますが、それは本当なのでしょうか?

でもなかには、男性でも運転が下手な人はいますよね。そして、運転が下手だとどこか頼りないイメージが……。

今回は、そんな運転が下手な男性について見ていきましょう。

(1)運転が下手すぎて教習所が辛すぎるという人も…

今や多くの人が車を運転する時代。免許くらい誰にでも取れると思ってはいませんか?

話を聞いてみると運転が下手な人は、免許を取るにも一苦労するようです。筆記は満点でも実技が合格点に達しないと、いつになっても免許は取れません。

車の運転手は、乗っている人の命を預かる大事なポジション。教習所側も運転が下手な人に簡単に免許は与えないでしょう。

そんな受講生に、教官は厳しく指導します。お金を払って教習所に通っているのに、運転が下手な人は「怒られすぎて辛い」「メンタル的にヤラれる……」なんて感じることもあるでしょう。

運転が上手な人は、簡単に免許を取ることができますが、下手な人は人一倍苦労するのですね。

(2)運転が下手すぎる人は「ブレーキを踏むのが遅くて強い」

筆者の経験によると、運転が下手な人は、ブレーキを踏むのが遅い! あるいは、強すぎる人が多いと思います。

ブレーキを踏むのが遅いと、赤信号など止まらなければならない場面で、つい急ブレーキをかけがち。この際、踏む力も強くなります。

この場面、想像つきますよね? 「キキッー」となって、体がふわっと前に浮く、あれです。

こうなると、車に同乗している人にかかる負担も大きくなるので危険。他人を乗せて車を運転している場合は、特に注意が必要です。

 

2:運転が下手な男女の性格や特徴5つ

運転が下手な人は、性格にも表れます。そして、それは男女で少し違ってくるよう。あなたの周りにこんな性格の人はいませんか? こちらも筆者の経験から推測できることを紹介していきます。

男性編

まずは、男性から見ていきましょう。

(1)優柔不断

優柔不断な男性は運転が下手な可能性大。赤信号であれば「止まれ!」ですが、自分が行くべきか、相手を優先させるべきか、とっさの判断ができずにブレーキを踏んだり踏まなかったり。

そのため、余計に危なっかしい運転になりがち。「行くなら行けよ!」と思うのですが、優柔不断がゆえの運転の下手さなのです。

(2)方向音痴

「地図が読めない」のは致命的。方向音痴な男性は、目的地に辿りつくのも大変です。運転の下手さはともあれ、目的地になかなか辿りつかないのはしんどいですね。

道に迷ってばかりの男性って嫌ですよね。

(3)運動神経が悪い

運動神経が悪い男性も、運転下手な傾向にあると思います。ブレーキを踏む際は、とっさの判断力とともに瞬発力も必要となりますからね。

そのため運動神経が鈍いと、体の反応も悪く、運転が上手くいかないものなのだと思います。

女性編

お次は女性編。こんな女性周りにいませんか~?

(1)機械音痴

男性と比べて女性は機械操作が苦手です。車も機械です。機械音痴の人は、運転をなるべく避けたほうがいいかもしれません。

(2)ヒール女子

ヒールを履いて運転しようとする女性は、本当に危険! ヒールを履いててブレーキを踏むことができるのでしょうか?

外を歩くときは、ヒール。で、運転する際に履き替えるのならいいのですが、そのまま運転しようとする女子には気を付けてください!

 

3:運転下手すぎで冷めた…運転下手な彼氏とのドライブエピソード5つ

ここからは、「自分の彼が運転下手すぎて冷めた!」というエピソードをご紹介。周囲に聞いた内容から、印象的だったものを5つ紹介します。これは冷めるわ!

(1)目的地に辿りつかない

彼の方向音痴が招いた結果が、これ。何時間も車を走らせているのに、なかなか目的地に辿りつかない! 最終的に、助手席に座っていた自分が運転を替わったという話も。

「頼りない!」と思ってしまいますね。

(2)自分も悪いのに他人に激怒する彼氏

ブレーキを踏むタイミングが遅く、飛び出してきた子供をあやうく轢きそうになった彼。

飛び出してきた側も、彼の注意不足も重なり、どちらが悪いとは言いづらい状況だというのに、子供を怒鳴り散らした彼氏にドン引き。そのまま、さよならしたというエピソードもありました。

自分も悪いのに全部人のせいにするのはよくないですよね。これはドン引き。

(3)とろすぎてイライラ!

安全第一なのはいいけれど、運転がとろすぎてイライラしたという話もよく聞きます。

とろいからこそ、起こる事故の可能性も! スピードの出しすぎは要注意ですが、出さなすぎにも気を付けてくださいね。

(4)危なすぎる運転でこりごり

自分では運転が上手いと思っていても、乗っている人に不安を抱かせる運転は上手いとは言えません。

彼の、危なっかしい運転を注意したところ、それが原因でケンカが始まったことのある人もいるようです。

運転の上手い下手は、本人ではなく他人が決めるもの! 筆者から言わせると、人が不快になる運転はそれだけで運転下手です。

(5)殺す気!? 一緒にいたら死ぬと思った

運転が下手すぎて、何度も事故を起こす彼。もう運転は向いていないと言っても聞かない彼氏。

一緒にいるといつ死ぬかわからない、彼氏の運転する車には絶対に乗らないと誓った女性もいました。

 

4:まとめ

車の運転が上手いか下手かで、相手を決めるのはどうかとも思います。しかし、危ない目に遭うのは嫌ですよね。できれば、運転が上手い彼のほうがいい!という結論は揺るぎませんね。