シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

連絡ミスで叱責…「人生ってうまくいかないな~」と思うこと【仕事編】

どれだけ努力をしても、「うまくいかないな~」と思うことがありますよね。特に仕事に関しては、努力が報われずに悔しい思いをしたことのある女子も多いのではないでしょうか。仕事は自分自身の「核」となる大切な部分。だからこそうまくいかないと落ち込み、時には自分自身を強く責めてしまうこともありますよね。
そこで今回は【恋愛編】に続き、人生において「うまくいかないな~」と思うこと【仕事編】をご紹介したいと思います。

1. 人のサポートをしたら自分がミス

「同僚から『仕事がうまくいかずミスを繰り返してしまう』という相談を受けたので、自分の仕事と並行して同僚のサポートをしていたのですが、ある日、自分がミスをしてしまった。かなり大きなミスだったので連日取引先への謝罪……。自分に自信を持ちすぎていたようです」(30代・代理店)

▽ 人を心配してサポートをしていたら、自分がミスをしてしまうという経験をしたことがある女子は多いはず。無意識のうちに自分よりも相手を優先してしまい、結果自分のことが疎かになってしまうんですよね。
ですが、そういう経験を重ねて人は成長していくものです。

2. 希望の部署にいけなかった

「営業部に配属された際『成績がよかったら希望部署に配属させる』と言われたので、めちゃくちゃ頑張って成績を出した。それなのに次の部署異動で『きみは営業向きだから』と言われ、希望部署に異動できなかった。なんか納得できない」(20代・金融営業)

▽ 「自分の希望」と「自分の適性」が違うことは多々あることです。時には他人のほうが自分のことをよく理解してくれることもあります。希望を貫くことも一つの道ですが、自分の適性を極めるという別の道を進むほうがあなたにとっていい場合もありますよ。

3. 体調管理ができなかった

「大切なプレゼンの日に喉を痛めてしまいました。熱はないのに咳だけとまらず……。結局、プレゼンは同じチームの人間にバトンタッチ。悔しくて眠れなかった……」(30代・ゲームクリエイター)

▽ どれだけ気をつけていたとしても、体調不良になってしまうことはあります。悔しいですが終わってしまったことを引きずってしまっていてはもったいない! 仕事はずっと続きます。つまり挽回できるということ。それを忘れなければ絶対に大丈夫です。

4. 連絡ミス

「取引先から上司への電話を受けたのですが、上司が不在。上司へ連絡があったことを伝えないといけなかったのですが、その日に限って次から次へと電話が鳴り……。一通り落ちついた時にはすっかり忘れていて、次の日に上司からかなり注意されました……」(20代・事務)

▽ 電話を連続で受けていくと、一番最初に受けた電話のことをすっかり忘れてしまう……というのは、働く女子のあるあるですよね。一つの要件を整理し終わるまで「不在」にしてしまうなど手を打つことも大切かもしれません。

まとめ

いかがでしたか? どれだけ努力しても、自分の設定したゴールにたどりつくことはとても難しいことです。しかし、たとえうまくいかないことがあったとしても、様々なかたちで次のチャンスがやってきます。次のチャンスをモノにするためにも、落ち込んだあとには顔をあげてまた頑張っていきましょう。