シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

通勤タイムにアゲアゲ!今入れるべき「音楽聴き放題アプリ」3選

スケジュールやタスク管理に便利なスマホは、働き女子にとって“相棒”とも呼べるほどの必需品。最近ではガラケーを使用している働き女子の方が少ないくらいかもしれませんね。

スマホの普及に伴って、アプリの市場も更に向上しています。とくに今注目すべきが無料で聴ける音楽系のもの。過去記事「ノリノリで通勤!多彩な音楽を楽しめる“無料オンラインサイト”3つ」でもご紹介したように、アメリカではすでにサービスが始まっており、鰻のぼりの人気です。

その流れを受けて、日本でも定額制の音楽配信サービスが次々と登場し話題を集めています。

そこで今回は、仕事中はもちろん起きている時間はずっと聴いているくらい音楽を欠かさない筆者が、音楽好きには必須の“音楽配信スマホアプリ”をご紹介します。

 

■1:Google Play ミュージック

日本では音楽関連サービスを開始していなかったGoogleですが、満を持してスタート!

月額980円で聴き放題なうえに、クラウドで気に入った音楽を約50,000曲まで保存可能。とくに便利なのが“ラジオ”機能です。Googleがユーザー好みを選曲してオススメしてくれるので、新しいアーティストに出会えたり、常に新しい曲を楽しむことができます。

洋楽、邦楽ともに充実していて、その日の気分で曲を選べます。2015年10月18日までに登録した場合、月額料金がずっと780円とお得に! 筆者もこの機会を逃すまいと、さっそく登録しました。

 

■2:LINE MUSIC

無料通話アプリ『LINE』が新しく始めた『LINE MUSIC』は、登録すると月額500円~で音楽が聴き放題。既に『LINE』を利用している人は、登録も簡単ですぐに始めることができます。

好きな音楽をプレイリストに入れて、いつでも無料で聴くことができるかわりに、視聴時間が月20時間(プランによって変動)と制限があります。

音楽を聴くのは通勤中のみ、という人は月20時間でも十分かもしれません。『Google Play ミュージック』よりも洋楽の数は劣りますが、邦楽は大手のレーベルが参入しているので、すぐに手に入れることができます。

 

■3:AWA

月額360円~と他社に比べて最も安いプランで提供している『AWA』。楽曲数に制限があるものの、あまり音楽では冒険しない派の人なら満足できるかもしれません。

無料期間が3ヶ月間と長いのも魅力です。まずは登録して楽曲数や音質を見つつ、無料期間後に継続するのか他社にするのか検討してみるのがオススメ。ちなみに、『LINE MUSIC』は30日間の無料期間を設けています。

 

以上、音楽好きには必須の“音楽配信スマホアプリ”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

もはや音楽はオンラインの時代! 「CDが売れない」と嘆き続けてきた音楽業界やレーベル会社も、定額制無料音楽配信サービスで新しい時代を迎えたようです。

その日の気分に合わせて自由に音楽を選べば、苦労していた朝のモチベーションアップも容易になるかも。ますます便利で身近になりそうな音楽アプリ、波に乗り遅れないよう今すぐゲットしてみてください。

 

【参考】

あわせて読みたい