シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

近所にバレバレ!? 田舎の恋愛あるある7つ

都会と田舎では恋愛事情も変わってきます。田舎から都会に出てきた人がそのギャップに驚いたことのある一方で、都会から田舎に嫁いできて驚いたということも。しかしそういった機会がない人には、わからない恋愛事情が田舎にはあるようで……?
そこで今回は、「田舎の恋愛あるある」をご紹介します。人との距離が近い分、思わぬ苦労があるのかも……。

田舎の恋愛あるある

1. デートはとりあえず大型ショッピングモール

「遊ぶところがないから、デートといえば近所のイ○ン。みんなここに来るから、デート中に元カレや元カノに遭遇するってのもよくある」(24歳・女性)

▽ 娯楽施設がない場合、行くところといえば自然とイ○ンになるのです。お互いの元カレや元カノに遭遇するという気まずいアクシデントも、田舎ならよくあること。

2. 誰と付き合っているか近所の人はみんな知っている

「誰と誰が付き合っているのか、当然のように近所の人も知っていること。誰にも話していないのに、別れたことももちろんみんな知っている」(23歳・女性)

▽ ご近所さんとは昔ながらの付き合い。デート現場を目撃されたり、彼が迎えに来てくれたときに車を見られてバレたり……。田舎での噂の広がり方はネット並なんてことも。

3. 終電を逃して…っていう展開がない

「都会の人は終電を逃して恋が発展するっていうことがあるけど、田舎は移動手段が車だからそんなロマンスはない」(28歳・女性)

▽ 終電を逃してしまい「このあとどうしようか……」なんてドキドキする展開も、電車のない田舎だと縁のない話。しかし、主な移動手段が車の場合、ドライブテートの密室により二人の距離が近づくというメリットも。

4. 海岸沿いをひたすら走る

「イ○ンに飽きてドライブデートしようってなっても、ちょうどいい距離に観光できる場所がなくて、ひたすら海岸沿いを走って隣町のイ○ンに行って終わる」(27歳・女性)

▽ 「海岸沿いドライブデート」と聞けばテンションが上がりそうですが、田舎の人にとってはただの見慣れた景色なのです……。そして行き着く先はやっぱりイ○ン。

5. 車がない男は男じゃない

「都会の人は車がなくても不便じゃないだろうけど、田舎にとっては死活問題。車がない男なんてありえない。軽トラでデートの迎えに来たとしてもあるだけマシ」(26歳・女性)

▽ 乗り心地最悪な軽トラでもあるだけマシ……。車や免許のない人は肩身の狭い思いをします。

6. 映画館は県外

「都会の人は時間つぶしがてら映画を観に行ったりできるけど、私の住んでいるところには映画館がそもそもない。山を越えて隣の県に行くしかないから、映画デートってあんまりしたことがないかも」(30歳・女性)

▽ 初デートでよくある映画デートも、わざわざ他県まで行かないといけないというハードルの高さ……。

7. 元カレの友達が今カレ

「田舎のコミュニティは限られるから、元カレの友達が今カレなんていうのもよくある」(25歳・女性)

▽ 全校生徒が少ない学校だった場合、出会いも限られがち。友達のお兄ちゃんが元カレ、元カレの今カノが後輩などなど、一見気まずい関係ですがよくあることなのだとか。