シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

趣味はトレーニング! 筋トレ大好き女子が彼氏に言われて傷ついたこと

子どもの頃から体を動かすことが好きだった女子。始まりはダイエットからだった女子。きっかけは違えど、「趣味はトレーニング!」と笑顔で答える筋トレ大好き女子たちがいます。しかし、心は女の子。男子顔負けの立派な筋肉が原因で、傷つくこともあるものです。
そこで今回は、「筋トレ大好き女子が彼氏に言われて傷ついたこと」をご紹介したいと思います。

1. 男友達の部屋みたい

「初めて私の部屋へ彼氏が遊びに来たとき、部屋に置いてあるダンベルやプロテインを見て、『男友達の部屋みたい』と笑われた」(20代/学生)

▽ 筋トレ大好き女子の部屋は、たとえぬいぐるみがあったとしても、その隣にダンベルが置いてあることも多いもの。筋トレ女子と初めて付き合った男子にとっては驚きかもしれません。

2. 体が可愛くない

「私の上腕三頭筋を掴み、彼氏が『体が可愛くない~』と言ってきたので、ちょっと傷つきました」(20代/英会話講師)

▽ どれだけ筋肉をつけたとしても、「可愛くなりたい」という気持ちが根底にあるので、『可愛くない』と言われてしまうのは悲しい!

3. 俺のこと守ってね

「私の鍛え上げた体をぺしぺしと叩き、『俺のこと守ってね』と彼氏が言ってきた。私は彼氏を守るために筋トレをしているわけではないんですが……」(30代/飲食)

▽ これは、筋トレ女子がよく言われるジョークの1つ。彼氏も悪気があって言っているわけではないのですが、乙女心が少し傷つきますよね。

4. 筋肉じゃなくて脂肪つけて

「彼が眠る前に私をギュッとしてくれたのですが、『体が硬い。筋肉じゃなくて脂肪つけてよ』と言われ、ちょっと申し訳ない気持ちになりました」(20代/営業事務)

▽ 男子は女子が「柔らかい生き物」と思っているので、つい言葉に出してしまったのかもしれませんね。しかし、時間をかけて手に入れた硬い体は自慢です!

5. 何を目指しているの

「お泊まりデートの夜、お風呂上がりに腹筋をしていたら『何を目指しているの?』と彼氏に言われた。好きだからやっているだけです!」(30代/金融)

▽ 筋トレをしない人には理解できないかもしれませんが、トレーニング大好き女子にとって筋トレは、映画を観たり、お酒を飲んだりすることとさほど変わらないんですよね。

まとめ

いかがでしたか? さまざまな目標をもって筋トレに励んでいる女子たちですが、あくまで筋トレは趣味。中身は普通の女の子と変わりません。だからこそ、彼氏の何気ない一言に傷ついてしまうということを、男子の皆さまには理解していただきたい。トレーニングに励む女子たちは美しく、繊細な女の子なのです。