シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

赤が主役!じゅわっと血色赤みで女度アップのメイク術

いつも同じパターンのメイクで、マンネリ化してはいませんか? 今回は、女度アップな赤が主役のメイクをご紹介いたします。赤をポイント使いすることによって、アイメイクは派手すぎない、唇はじゅわっと滲みでる血色感を表現して、セクシーな印象を与えることができますよ!
ところで、チークは頬にのみ使うと決めつけていませんか? チークも他の部分にあえて使用するのが立花流! 普段のメイクを少し工夫して、毎日のメイクを楽しみましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■今回のメイクで使用したコスメ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


a アディクション ブラッシュ ミックス 07 Empire Passion エンパイア パッション/ADDICTION
b デコラガール クーピー柄カラーマスカラ(ポピーレッド) DG-CM-06/デコラガール
c サクラドロップエッセンス(スティック)/インテグレート
d ドラマティックルージュ 10 レディレッド(10周年限定カラー)/マキアージュ


■赤が主役の女度アップメイク法

・アイメイク

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(1)アイホール全体にaの真ん中の淡いピンクをアイホールにのせていく
(2)下まぶたにaの左側の濃い赤をブラシでのせる
(3)下まつげにbの赤マスカラをオン


・チーク、リップメイク

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(1)チークはaの左側の濃い赤を、色が付くか付かないかくらいの分量をとり、ふわっと頬にのせる
(2)リップ全体にcをのせる
(3)唇の中央にdを指でポンポンなじませて、さらにレディ度をアップさせましょう。


いかがでしたでしょうか? アイメイクとチークに同じコスメを使うことにより、色の統一感がでます。また、カラーマスカラをあえて下まつげにのみ塗って遊んでみたり、口紅をそのままオンするのではなく、美容液やリップクリームで潤してから指で色付けさせて「じゅわリップ」に仕上げたりするなど、普段のメイクにほんの少し遊び心を加えてあげるだけで、毎日のメイクが楽しく、そして新しく新鮮な気持ちになれること間違いなし。是非お試しあれ!


(立花 ゆうり)

美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ

デコラガール クーピー柄カラーマスカラ(ポピーレッド) DG-CM-06 – デコラガール
サクラドロップエッセンス (スティック) – インテグレート
ドラマティックルージュ 10 レディレッド(10周年限定カラー) – マキアージュ