シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

賃貸でもデキちゃう!ストレスも解消する「簡単DIYアイディア」3選

仕事から帰ってきてほっと一息つく我が家は、どこよりも落ち着ける場所ですよね。けれどもずっと同じ場所に住んでいると飽きてくるもの。持ち家の人は引越しする自由がないですし、賃貸の人は大きく改装することができません。

「持ち家でも賃貸でも、簡単にリフォームができるのですよ」というのは、株式会社夏水組の坂田氏。著書である『夏水組のパリ風 手作りインテリア』から、そのアイディアをご紹介したいと思います。

 

■1:今あるモノをお気に入りのものに取り換える

たとえばドアノブや戸棚の取っ手。ハンドルタイプのドアノブは、“プラスドライバー”があれば簡単に外せます。味気ないノブを外し、カラフルなものやアンティーク風のドアノブに変えてみてはいかがでしょうか。同書で紹介されている“ガラスのドアノブ”などは、見た目にも涼しく、夏にはぴったり。同様に、キッチンの戸棚などについている取っ手も変えられます。

賃貸の方は、次の引越し時に元に戻せるように、変えたパーツは大切に保管しておきましょう。

 

■2:壁紙・タイルを貼ってはがせるものに変える

“貼って、はがして”が自由自在の壁紙やタイルシートがあることをご存知でしょうか。賃貸の人にとっては特に、壁紙やタイルの交換はなかなかハードルが高いですよね。持ち家の人も「飽きがこないように」と、どうしても無難な柄にしてしまいがちではないでしょうか。

貼ってはがせるものなら思い切って“ガーリー”なものや“レトロテイスト”にと、いろいろ挑戦できるのがよいところ。壁紙を階段や戸棚の奥の壁に貼ったりするアイディアも同書では紹介されていますよ。

同僚などを家に呼べば、会社で「素敵な家だった!」と話題になること間違いなしです。

 

■3:家具を塗ったり貼ったり一工夫

大がかりなものでなく、椅子やテーブルなどのデコレーションなら敷居が低いかもしれません。具体的にその方法も紹介されているのです。たとえば木の椅子をスモーキーなブルーで塗ってパリっぽく仕上げたり、チェストやテーブルなど木の家具にかわいいフックを取り付けたり。

ちょっとしたアイディアと行動力さえあれば、簡単にできることばかり。

木のテーブルや椅子をかわいくリメイクして、ホームパーティーをしてもいいですね。

 

以上、気軽に手軽にできるDIYのコツを3つ、ご紹介しました。

部屋の模様替えでストレス解消をしている人は意外と多いのだとか。仕事でモヤモヤしているときや、逆に気分がのっているときなど、もっともリラックスできる“自宅”を改装し、自分の気分をコントロールしていけるとよいですね。

 

【参考】

あわせて読みたい