シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

貯金上手は密かにやってる!仕事中にできる超カンタン「節約術」3つ

毎日仕事が忙しく、帰宅時間も遅いと「節約のためにお弁当作る元気なんて残ってない……」と、体力回復のためなるべく睡眠時間を確保したいもの。

ゆったりと仕事をしている友人は毎日お弁当だったり、セールの時期に洋服を賢く買ったりしているけれど、今の忙しさじゃ無理! という方、毎日のちょっとしたコツで節約することが可能なんです。

ベンチャー企業にて勤務時、あまりに忙しくデスクに座っている時間もほとんどなかったころに実践していた筆者の節約術をご紹介しましょう。きっと、あなたの職場の節約上級者もこっそり実行している方法ですよ!

 

■お弁当はご飯だけつめていき、おかずは外で買う

忙しい毎日でも、炊飯器のボタンを押してご飯を炊くだけならなんとかなるものです。ご飯だけを持参し、おかずになるサラダなどをおいしいお惣菜屋さんなどで買い足しするのがオススメ。

さらにヨーグルトなど、ちょっとしたデザートをつけてもOK。これだけで、数百円で毎日ランチをすませることも可能です。

毎日外食などで、なんだかんだで1,000円近く使っていた場合は、ランチ代が半分になります。

 

■オフィスでの水分補給はとにかく“水”

オフィスではお水くらいなら自由に飲めるところが多いでしょう。ですが、とにかく“水”を飲め!と言われるとちょっとテンションが下がるかもしれません。

そこでオススメするのが、水出し可能な紅茶やお茶の葉をデスクに忍ばせておくことです。マイボトルなどを持って行き、水を入れたらそこでシャカシャカとミックスするだけで、毎日色んなお茶が飲めますね。

 

■職場で配られたお菓子はその場で食べない

すこしケチくさい方法ではありますが、職場でお土産などのお菓子が配られた際、お腹がすいていない時はその場で食べず、デスクの中に入れておきましょう。

忙しくて時間が無い時やちょっと小腹が空いた時に食べるようにするだけで、その都度お菓子などを買っていたお金が浮きます!

無意識にその場でパクパク食べていると太る原因にもなりますので、お腹がすいていない時は食べないと決めておくといいでしょう。

 

以上、時間が無い働く人でもできるオススメ節約術をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

時間が無い時は、ついお金を使ってストレスを発散したりしてしまいがち。でも、たまには財布の紐をきゅっとしめておかないと、せっかくプライベートの時間を潰して忙しく働いているのにお金が貯まらない……なんて悲劇にもつながってしまいます。

自分なりのルールを決めて、ちょっとずつ意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

あわせて読みたい