シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

貯金上手な人は実践してる!「財布」と「手帳」の賢い活用法4つ

自分と同じようなお給料のはずなのに、なぜかあの子は貯金が上手。あなたの周りにもそんな人がいるのではないでしょうか。貯金が上手な人にはいくつかの共通点があります。今回は、貯金が上手な人がうまく活用している財布と手帳の使い方をご紹介します。

貯金上手な人の財布と手帳の活用法

手帳に今日の出費予定と実際の金額を書き込む

上手にお金が貯められる人は、出費を先の先まで読んでいます。週末の飲み会で5,000円使うから今週は控えめにしておこうとか、アウトレットでたくさん服を買いたいからそれまでは我慢しようというように、先の予定を織り込んで今の出費を抑えたり調整したりすることができるのです。だからこそ、お金のコントロールがしやすいんですよね。

毎日財布の中身をチェックする

毎日財布を鞄から取り出し、余分なレシートを取り除き、小銭も含めていくらくらいのお金が財布の中に入っているかチェックしましょう。いくらくらい財布の中に入っているのか見当もつかない、という人が時々いますが、それは絶対NG。財布の中身は常に500円単位くらいでいいので言えるようにしておきましょう。自分の持っているお金に対する意識が強くなります。

手帳でマイルールを管理する

貯金上手な人は節約のためのマイルールを決めていることが多いです。飲み会は月○回までとか、洋服のお金は月○円まで、というイメージですね。この節約マイルールを守るために、手帳を活用している人がいます。
たとえば月間のページに大きく目標を書いて常に見えるようにするとか、毎週の予算を書いてコントロールできるように工夫しています。このマイルールをしっかり管理することで、自分に自信もついてきますしもちろん節約もできます。節約できた分は貯金に回して、ちょっとずつ貯金額を増やすことができるんですね。

財布にカードを入れすぎない

お金を貯めるのが上手な人ほど、お財布に入れているクレジットカードの枚数は少ないです。クレジットカードは便利ですが、やっていること自体は負債の繰り越しと同じで、結局いつか払わなくてはならないものです。しかし、支払いだけを後回しにすることで実際に使った金額がわかりにくくなりますし、管理しにくくなるんですよね。
また、ポイントカードもあまりたくさん入れすぎているとワケがわからなくなりますので、本当に必要最低限のカードに絞って持つようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。お金を貯めるのが上手な人は、お金のコントロールがきちんとできているものです。毎月自分がいくら使っているのかよくわからない、という状況ではお金が貯まるわけがありません。いったん自分のお金の使い方を見直してみてはいかがでしょうか。