シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

貯まる理由はシンプル!「お金が貯まる人」に共通する習慣が判明

なかなか思うようにお金が貯まらなくて、お悩みではないですか?

それなりに稼いでいるのに、「月末になると、あんまり残っていなくてビックリ!」なーんて苦い経験をしたことのある方もいるのでは?

じつは、お金を貯めやすい人は、自身の生活で“ある思考”がちゃんと染み付いているのも関係しているようなんです。

そこで今回は、お金への意識が高い人に共通する“ある習慣”と“ある思考”をお伝えします。

 

■ATMの時間外コスト、意識してる?

ビザ・ワールドワイド・ジャパンが30代から40代の男女824名に実施した調査によると、現金の引き下ろし頻度について、全体の6割以上は月に数回程度引き下ろすと回答しています。

ATM使用に関しては、56.8%が「手数料がかかる場所や時間では使用しない」と回答していて、引き下ろしのコストに敏感になっている人が2人に1人という結果に。

1回の手数料が数百円ですから、月に4回で千円以上の手数料をとられてしまうこともあり、意外とムダな出費ですよね。

残業などで、コストがかかる時間にしか引き出せない!という方は、意外な浪費グセがついちゃってるともいえるのでは?

 

■時間外コストはお金だけでなく時間もロス!?

また、ATMに行く時間や手間を“お金”に換算しても、かなりのロスがありそうです。

給料日後のATMが混雑する時期などは、お金をおろすためだけに並ばなくてはならないシーンも意外と多いもの。

そこに並んでいる時間に仕事や家事ができれば、もっと時間を有効に使えるのに!と思いませんか!?

見えない“損失”は、こんな日常生活のクセも影響しているのかも。

 

■必要最低限のモノしか所有しない=ムダを省ける!?

お金を貯める体質の人は、ものごとに“効率”を求める思考も強いかもしれません。

同調査によると、デビットカード所有者は非所有者に比べて、身の回りのモノが少なく、必要最低限なモノしか所有していない “ミニマリスト”傾向が高いことが判明。

銀行に並んでお金をおろす手間や、時間外手数料を払う必要のない決済方法を習慣にしている人は、生活の中で自然とムダを省く意識も高くなるのかも。

電子マネーは出費の履歴を手軽に確認でき、お金の動きを“見える化”することから、節約意識に一役買ってくれるともいわれています。

「貯めたい! けど貯まらない!」という方は、まずはお金の動きを見える化し、シンプルな生活を意識してみるのもよさそうですよね。

 

以上、お金への意識が高い人に共通する“ある習慣”と“ある思考”をご紹介しましたが、いかがですか?

「稼いでいるけど、浪費もしちゃう」という方は、お金だけでなく時間についても、日々のムダを省くよう意識してみるとよさそう。

ものごとの“効率”を意識するようになると、自然と、さまざまなシーンで「ムダをやめよう」という思考も強まりそうですよね。

 

【参考】

あわせて読みたい