シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

調べてみて!「一緒にテレビを見ればわかる」カップルの関係性4つ

カップルの関係が落ち着いてくると、家でのんびりテレビや映画を見るデートが増えてくるものです。

なので意識したことはなくても、二人で一緒に座って過ごす時間って、意外と多くなるんですよね。

そして、ソファに座っている時のカップルの座り方やポジションで、二人の関係性が分かるというのです。

そこで、海外ファッション誌『COSMOPOLITAN』に掲載された記事を参照に、そんな、“テレビを見ている時のポジション4つで分かるカップルの関係性”を紹介したいと思います。

 

■1:二人とも横になって、彼が後ろから抱きしめる

二人が一緒にソファに横になって、彼が手前にいるあなたを後ろから抱き締めるポジションは、お互いが強い性的魅力を感じていることを意味するのだとか。

また、女性が背中を男性に預けているので、心から相手を信頼しているとも言えます。

 

■2:お互いがソファの端に座る

それぞれがソファの端に座って、ひじ掛けやクッションにもたれ掛かってテレビを見るカップルは、お互いが各自のスペースを求めている証拠です。

どんなに仲が良いカップルでも、一人の時間やスペースは必要なので悪いとは言いません。

しかし、今までベッタリ引っ付いてテレビを見ていた二人が、突然ソファの端に座るようになったら、お互いの気持ちが冷めてきている可能性も考えられます。

 

■3:二人とも座ったまま手を握り合う状態

二人が座った状態で手を握り合ってテレビを見るカップルは、お互いのフォーカスがパートナーに向いている表れです。

片手が塞がっていたらスマホをいじりにくいし、他のことをするよりも、パートナーとの絆を感じていたいという気持ちが読み取れます。

 

■4:女性が彼の肩に頭を載せるポジション

女性が頭を彼の肩に載せるのは、彼に守られているという安心感を味わいたいからです。

そして、彼があなたの頭を優しく撫でたり肩を抱いたりしてくれるのなら、彼もあなたを大切に思っているサインです。

もし、彼が特に何もしてくれなかったり、身を引くようなしぐさを見せたりするなら、あまり良い傾向とは言えません。

 

いかがでしたか!?

ちょっとした二人のポジションや姿勢でも、二人の関係性が見極められるんですね。

いつも二人がソファの端っこに座っているのなら、寄り添って頭を彼の肩にのせるなどして、反応を伺ってみてはどうでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

【画像】
Minerva Studio / Shutterstock