シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

誰でもテク要らずで簡単、新ベースメイクシリーズ誕生秘話を開発者に聞く!

年齢や肌悩みにとらわれず、いつも、ずっと、美肌をあきらめたくない...。そんな声に応える、スキンケアパワーとカバー力をギュッと詰め込んだ、大人のためのベースメイクが米肌から誕生。同世代女性として、使う人目線で「誰でも簡単ツヤ美肌になれる」新商品を開発した廣江さんに、そのこだわりを伺いました。

 

 

大人の女性がかなえたいツヤ美肌、簡単に、崩れず続く

8月21日に、ベースメイクシリーズ「つやしずく」が米肌から満を持して誕生します。豊富な7色展開のリキッドファンデーション、なりたい肌印象別4色展開の下地、仕上がりに差がつく3色のフェイスパウダー、お悩み簡単隠しのコンシーラー3種など、難しいテクニックも要らず、簡単に美しく早くベースメイクが仕上がるアイテムばかり。米肌には、カバー力や紫外線カット効果もしっかりあり、時短メイクが叶うと大人気の肌潤BBクリームと澄肌ホワイトCCクリームがありますが、さらに今回、ベースメイクアイテムがもっと充実しました。

「お客様のアンケートなどを見ると、肌悩みを隠す、身だしなみを整える、ということ以上に、肌をもっと美しく見せたい、というベースメイクに関するポジティブな意識がとても高いことが分かりました。とはいえ、日本の働く女性が半数を超え、とにかく忙しく過ごす毎日で、自分のことは後回し。本当は、手をかけて美しくありたい、何よりメイクをもっと楽しみたいという多くの大人の女性たちに向けて、最短で最強のベースメイクを届けたい!という気持ちで、『つやしずく』を開発しました」と熱く語ってくれたのは、コーセー・商品開発担当の廣江薫さん。ご自身も、米肌ユーザーの悩みや肌環境に最も近い、40代のワーキングマザーです。

 

 

「真の意味での時短」が叶うベースメイクアイテム

大人の気品やツヤっぽさ、光り輝く肌など、つやしずくでまとうツヤ美肌のイメージが込められたボトルデザイン。

廣江さんは、「最短で最強」のベースメイクを作ることで、世の忙しい女性たちのために美しい肌でいる時間を増やしたい、と苦心したそう。試作品が上がっては、もっと使い心地を良くするには、もっと美容液成分を入れるには、と何度もラボとやり取りし、商品の内容・成分を決定しなければならないギリギリの日まで、調整をしてきたとか。

結果的に88%までも美容液を配合した、スキンケアファンデーションが完成し、一緒に使って最大限美肌効果が期待できる、ベース、コンシーラー、パウダーも誕生。1日のおよそ3分の1から多い方では半分もの時間、肌に触れているベースメイクアイテムたちが、どれも美容液並みのたっぷりの保湿効果を持ったものに仕上がった。塗り重ねて肌の美しさを整えるのがベースメイクの大きな役割だが、肌そのものをうるおいで満たし、きめ細かなツヤ肌を育むスキンケア効果も相まって、簡単パパっとベースメイクが完成し、そのキレイさが約10時間持続。結果的には「つやしずく」のベースメイクを使う人の1日のメイク時間やリタッチ時間を考えると、時短ながらもキレイな肌をずっと持続できることにつながっているといいます。

「肌にぴったり合う色のファンデーションならば、厚塗りや白浮きなく素肌感が出て美しく見えるので、本当に似合う色が見つかるよう7色展開に。そのリキッドファンデーションは、スキンケアのように顔にパパっと塗り広げるだけで、難しいテクニックがなくても、気になる悩みや色ムラ、肌の凹凸をカバーし、今っぽいツヤ美肌に仕上がる。朝出かける前に塗ったベースメイクが夕方まで持続して、化粧崩れのストレスなし&化粧直しの時間もカット。ベースメイクに使うアイテムも、シンプルで最小限でも美しさと両立。もちろん、高い保湿力を誇るスキンケア・米肌から出るベースメイクなのだから、たっぷりのうるおい美肌効果を実感してほしい、というミッションのもとに誕生した自信作です」(廣江さん)。

 

 

開発者が語る!「つやしずく」のこだわった点は?

「『米肌』ブランドからフルラインナップでベースメイクシリーズを作るからには、高いスキンケア効果が期待できなければなりません。ライスパワーの美肌効果を実感してくださっているリピーターの皆さまも多く、スキンケアの延長線上のベースメイクであることは不可欠です」と廣江さん。

「以前、初めて米肌担当になった時、化粧水とクリーム、基本の2品だけで自分の肌で米肌のスキンケアを使い続けた結果、肌の保水力が高まって、とても満足感や安堵感がありました。そんなスキンケアから誕生するベースメイクなので、使う前よりしっとり、気持ちいい肌質や使用感が毎日ループ。スキンケアとつやしずくベースメイクのWのアプローチで、24時間ずっと美肌を米肌がサポートする、との思いを込めました」。

◆スキンケアファンデーション~美容液88%配合でみずみずしいツヤ美肌

つやしずく スキンケアファンデーション
全7色 各25mL 3,900円、各13mL 1,800円(ともに税抜)

「とにかく自信作! パウダーでなく、使う直前に振って混ぜるシェーキングタイプにしたことで、肌に良いといわれる成分がふんだんに含有されているライスパワーNo.7をはじめ、美容液を88%まで配合させたスキンケアファンデーションです。35歳を過ぎると、皮脂量の分泌が極度に下がって乾燥が加速し、肌あれや乾燥、小ジワやたるみ毛穴、ほうれい線などの凹凸が気になります。そんな悩み肌にも、みずみずしくなめらかに広がり、心地いいしっとりつややかな素肌感のある肌を日中10時間持続できます。たっぷりの美容液成分を配合することで、厚塗り感が出て使用感が悪くなったり、ベタついてメイク時間がかかったりでは本末転倒。両手でパパっと塗り広げても、溶け込むように早くなじみ、ピタッとフィットして膜厚感のない肌に簡単に仕上がります。全7色、SPF25・PA++で紫外線や乾燥からもしっかりガード」(廣江さん)。

 

 

◆スキンケアベース~肌の立体感を高め、たるみ毛穴もピンと上がって上向きに

つやしずく スキンケアベース
全4色 各20g 3,200円(税抜)

「スキンケアを終えた肌の上に直接のせるものなので、スーッとひと伸びで均一になり、ムラにならないよう、使用感や後肌の仕上がりに、研究所との調整でとても苦労しました。内側からあふれるようなツヤと明るさをもたらし、肌の『印象』をコントロールする全 4 色展開の美容液下地です。01はナチュラルで洗練された印象に、02は疲れた日に◎のゴールドパール入りで元気にいきいき見せてくれます。また、03は華やかで女性らしさを演出したいときに、04はパープル系のパールが黄ぐすみをとばして、凛とした表情に整えて贅沢な気持ちを高めてくれます。毛穴の凹凸や色ムラをしっかり、そして自然にカバーするたるみ毛穴カバー成分や肌なじみカバーパウダーも配合。カサつきやゴワつきが気になる肌も、塗った瞬間にしっとりなめらかに整えて、ファンデーションののりともちをアップ。SPF30・PA++で美容液は85%配合です」(廣江さん)。

 

 

◆スキンケアコンシーラー~肌悩みをなかったことにするコンシーラー

つやしずく スキンケアコンシーラー
全3色 各4.5g 3,000円(税抜)

「大人の代表的な肌悩みに対応するコンシーラーで、特に私自身、目もとのクマにずっと悩まされているので、最も気合を入れて作りました。シミやくすみには01、柔軟性のある被膜剤で表情の動きに合わせてしっかりフィット、SPF40・PA++++で、シミの気になる部位を紫外線から徹底ガード。小ジワやほうれい線には02、サラサラ球状粉体で広い部分に伸ばしやすく、うるおいハリ成分配合で、シワの影もパンと跳ね返すように明るく見せます。また、目元のクマには03、隠したクマとその周囲とで色の差が出て、コンシーラーを塗った箇所が悪目立ちしないよう、オレンジベージュの色味探求は一番苦労しました。皮膚が薄く、刺激などで色素沈着しやすい目もとに、スーッとなめらかでぼかしやすい感触に仕上がっています。この3色、ただ単に色を変えただけではなく、肌悩みのある場所によって、テクスチャーの硬さや、塗っている間じゅうケアできるように配合成分を変えるなど、ひとつひとつに全く別の個性を持たせたアイテムにしました。悩みがもともとなかったくらいになじむものを目指しました」(廣江さん)。

 

 

◆フェイスパウダー~ファンデのツヤを最大限に引き立てる繊細パウダー

つやしずく フェイスパウダー
全3色 各9.5g 3,000円/専用ケース別売り 1,000円(ともに税抜)

「ライスパワーNo.7 をはじめ、美容液成分をたっぷりと配合した、肌にしっとりやわらかにフィットするフェイスパウダー。SPF15・PA+の紫外線防止効果も。ベースメイクの最後の仕上げのパウダーなので、リキッドファンデーションで作ったツヤ感を邪魔しない、粉感のないものを追求しました。毛穴カバーパウダーが肌の凹凸にふんわりフィットして、毛穴レスなきめ細かな肌に。また、テカリや化粧崩れを防いで、上質感漂う透明感のあるツヤ肌が持続します。仕上げたい印象によって、全3色からお好みのものをセレクト。また、配合した粉体以上に、こだわったのが付属のパフ。厚すぎても細部に密着させにくいし、薄くても力が入りすぎてファンデーションで作った美膜をこそげとってしまう難点も。粉含みがちょうどよく、ベストな毛足の長さにしました。メイクタイムの気分が上がり、SNS映えするワインレッドのパフで、汚れも目立ちにくく、化粧室でメイク直しの時も「パフが汚れてる」と目立つこともないですね」(廣江さん)。

 

 

開発・廣江さんの「つやしずく」メイクはたった3分!

ライスパワーNo.7をはじめ、多くの美肌成分やこだわりをギュッと詰め込み、1分1秒でもメイク時間を短縮でき、朝のつけたての仕上がりが長く続くよう、廣江さんをはじめ、多くの開発者たちの想いが詰まったつやしずくシリーズ。多忙な女性たちの「肌がゴキゲン」だと、ワクワクしたり、前向きな力が出てきたり、そんな毎日に寄り添ってくれるベースメイクのラインナップです。

廣江さん、このつやしずく4品で仕上げたベースメイクの時間は、たった3分とのこと。そのコツをうかがいました。

1.スキンケアベース直径8mmくらいを指先にとり、顔全体にムラなく均一にのばします。
2.スキンケアファンデーションをシェイクし、直径1.5cmくらいを手の平に出し、両手の平に伸び広げて、顔の内側から外側へ、の原則を守って均一にのばし広げる。(ほんの少し時間に余裕があるならファンデーション基本の付け方の5点おきを参照)
3.コンシーラーの03をクマの気になる下まぶたに4点おき、下方向に逆三角形にトントンとなじませる。02は、小鼻脇左右1点ずつ、口角左右1点ずつ、鼻先1点、に点おきしてなじませ、影になる場所はパッと明るくシワを光でとばして、肌にメリハリのある立体感を。01はシミの気になる場所に点おきしてなじませる。
4.パウダーを軽くなでるようにつければ終了。しめて約3分。

 

 

 

 

自身も忙しいワーキングマザーならでは、美容テクもいらず、ササッとツヤ美肌が誰でも簡単に仕上がるように作られたアイテムだけに、本当に簡単にベースメイクができるんです。

廣江さんの自信作「つやしずく」シリーズは、昨年の夏ごろからプロジェクトをスタートさせたので、乾燥した冬も多湿の夏も、逆に、加湿器のある冬もエアコンで乾いた夏も、化粧持ちや肌の揺らぎなどもチェック済み。1年を通して気持ちよく使えることを実感しているそう。特別なテクニックやステップが多いベースメイクをせずとも、大人の女性が年齢と肌悩みにとらわれず、毎日美しいつややかな肌をまとい、使い続けるうちに肌が明るくなめらかに整っていくスキンケア効果を、ぜひこのつやしずくで体験してみて。

 

 

<今回新発売のつやしずくシリーズ>

米肌 つやしずくのベースメイクシリーズ。肌の油分、水分両方にアプローチするライスパワーNo.7を、はじめてベースメイクに配合。皮膚の油水分を整え、ふっくら炊き立てのような、つややかななめらかな肌で、日中もベースメイクが美しく持続。

◆スキンケアファンデーション 全 7 色
【SPF25・PA++】 各25mL 3,900円、各13mL 1,800円(ともに税抜)

◆スキンケアベース 全 4 色
【SPF30・PA++】各20g 3,200円(税抜)

◆スキンケアコンシーラー 全 3 色
各4.5g 3,000円(税抜)

◆フェイスパウダー 全 3 色
【SPF15・PA+】 各9.5g 3,000円(税抜)

◆フェイスパウダーケース 1,000円(税抜)

 

 

Photo:Hidehiro Yamada
Text:Yuka Hanyuda

<関連記事>
仕上がりが見違える!ファンデーションの塗り方、基本の「き」を学び直し
シミだけじゃない!実はコワイ、紫外線が原因で起きる夏の肌トラブル
「華ありナチュラルメイク」と「地味顔すっぴんメイク」の境い目って?