シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

話題作『東京喰種 トーキョーグール【S】』はキャスト&スタッフ変更でどう変わった!?窪田正孝VS松田翔太のガチバトルに大興奮です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『東京喰種 トーキョーグール【S】』(2019年7月19日公開)。2017年に公開された人気漫画の実写映画化『東京喰種 トーキョーグール』の続編です。

主人公のカネキ役は窪田正孝さんが続投。前作では大泉洋さんがカネキの敵役として登場しましたが、今回の敵役は松田翔太さん。そして清水富美加さんが演じていたトーカ役は山本舞香さんが抜擢されました。加えて、演出も萩原健太郎監督から川崎拓也&平牧和彦監督へと変わり「どうなる続編!?」というわけで物語からいきましょう。

【物語】

人を食べることで命を繋いでいる喰種(グール)が生きる東京で、金木研(カネキ/窪田正孝)は、不慮の事故で半喰種になってしまう。

喰種が集う喫茶店「あんていく」で働きながら、霧島菫香(トーカ/山本舞香)、芳村(村井國夫)、四方(柳俊太郎)ヒナミ(桜田ひより)と静かな生活を送っていたカネキ。そんなある日、美食家の月山習(松田翔太)と出会ったカネキは、彼に秘密の喰種レストランへ連れていかれます。

ところが、入った途端に捕らえられてしまい、とまどうカネキ。実は月山も喰種で、半喰種のカネキを味わおうとしていたのです。

【前作よりも悪役レベルが上昇!】

前作の『東京喰種 トーキョーグール』は、半喰種になってしまったカネキの葛藤と喰種たちの生き様、そして喰種の駆除に動くCCGとの闘いでしたが、今回は喰種 VS 喰種のバトルを描いています。CCGも手強かったけど、今回の敵・月山はそれに輪をかけてクレイジーで残酷! 喰種たちを集めたパーティで、まぐろの解体ショーのように人間解体ショーを行うシーンなど、前作以上のグロいヴィジュアルが展開されます。

カネキたちは人間との共存を求めているので、人間を食べたいと思っても耐え抜きますが、月山はより美味な人間を喰らうことを生きがいにしているグルメなので、人間を食べる行為に罪悪感のカケラもありません。喰種であることを楽しみ、自身の体から飛び出す殺傷能力のある特殊な武器・赫子(かぐね)を振り回して、次々と殺戮を繰り返すという、カネキと対局にいる人物、それが月山なのです。

【松田翔太が大熱演、そして2代目トーカの山本舞香は?】

そんな月山を演じる松田翔太さんはドンピシャのハマリ役でした! どんなに残酷な行為をしても常にエレガントに振舞う月山は、アブノーマルなのにクールなんです! 実に魅力的なヒールでしたよ。

そして前作では清水富美加さんが演じたトーカ。本作では山本舞香さんが演じていますが、トーカは女子高生なので山本さんの方がキャラのイメージは近く、加えて、山本さんは空手経験者ゆえにアクションがキレッキレ! 2代目トーカはハマり役です!

【カネキは窪田正孝しか考えられない!】

そして、主人公のカネキ役が窪田正孝さんで本当にホっとしました。前作を見たときから「カネキは窪田さん以外考えられない」というピッタリのキャスティングだったし、前作からの流れもあるので、窪田正孝の続投で、実写版『東京喰種 トーキョーグール【S】』の世界は、シリーズとしての安定感を得られたと思います。

ちなみに、今回のカネキは強敵・月山を前にして、常にギリギリの状況に追い込まれます。3人のアクションと赫子(かぐね)を駆使したバトルは大変見応えがありました!

でも今回のカネキは敵のアクションに対して立ち向かうのではなく受けて立つという展開。後半のカネキ、トーカ、月山のバトルは完全に主導権を月山に握られています。ずっと「カネキを食べたい」と迫ってくる月山と対峙しているわけですから、受け身になるのも仕方がなかったのかもしれません。

前作の萩原健太郎監督から川崎拓也&平牧和彦監督に変わりましたが、ガラリと変わったというところはなく、世界観はしっかり受け継がれていました。

そして注意点として、最後まで席を立たないこと! 最後に第3弾の敵役(?)が登場しますよ~。

執筆:斎藤 香 (c)Pouch

『東京喰種 トーキョーグール【S】』
(2019年7月19日より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー)
監督:川崎拓也 平牧和彦
原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」 (集英社ヤングジャンプ コミックス刊)
出演:窪田正孝、山本舞香、鈴木伸之、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、森七菜、桜田ひより、村井國夫、知英、マギー、ダンカン、栁俊太郎、坂東巳之助、松田翔太
©2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©石田スイ/集英社