シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

試す価値…アリすぎ!誰でも簡単「願い事手帳」で思いが次々現実に

「今年こそ痩せたい」とか「理想の彼に出会いたい」といった思いがあっても、その希望を単に口にするだけ、あるいは漠然と考えただけで終わらせていませんか?

でも“願い事手帳”を書けば、そんな「やりたいこと」を実現までこぎつける近道になるかもしれません。筆者は昨年このやり方を実践して、半分以上の願い事を実現させることに成功しました。

そんな「願い事手帳」の書き方についてご紹介します。

 

「願い事手帳」って?

こうなったらいいなと思うことや希望すること、目標などを手帳やノートに書き留めると、ただ頭の中で願い事を考える場合に比べて、その願いが実現しやすくなるというものです。

ただ単純に「痩せたいなぁ」と思っているよりも、たとえば「●月までに3kg痩せる」と明確な目標を文字として書き留めておくと、自分が叶えたいことをより意識しやすくなり、叶えやすくなるのと一緒です。

 

「願い事手帳」の書き方

ではどうやって「願い事手帳」を書けばよいでしょうか。

まずは、手帳やノートに自分の願い事をリストアップしていきましょう。書き方は「~したい」「~ならいいな」といった希望を表すようなものではなく、「~する」「~になる」と実現したいことを明確にします。

さらに「ステキな出会い」とか「幸せになる」など曖昧な表現はせず、具体的にわかりやすく書き出します。すぐに実現しそうなことでも、壮大な夢でもどんなことでも構いません。

 

「願い事手帳」の成果

願い事手帳を書いたら、あとはそれを見返す必要は特にありません。筆者は昨年の年頭に願い事手帳に初めて挑戦。10個ほど願い事を書き、1年間が終わってみるとその半分以上を実現させることができていました。

途中で手帳を見返すことは一度もしませんでしたが、ふとしたときに「そういえば○○すると願い事手帳に書いたっけ」と思い出したことは事実です。

そしてそんな意識が、「それならば○○しなくっちゃ」と、実現へ近づけるための行動を起こすきっかけになっていたのです。

 

今年こそ何かを達成したいと思っている方は、この願い事手帳にトライしてみてはいかがですか? また願いを叶えたいなら、「1月中に不運の元…リセット!“買い換えないと運気が下がる物”3つ」も要チェックです。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

 

【姉妹サイト】

※ どんな男もコロッ!水卜麻美アナに学ぶ「心理学を活かしたモテ会話」

※ お疲れ女子の目と心を癒やす!ながら読書できる「オーディオブック」