シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

角質ケア不足が原因!?二の腕・太もも・お尻にブツブツができちゃうNG習慣

憎き肌荒れは何も顔だけに限ったことではありません。腕や太もも、お尻にできるニキビやブツブツは身体の角質ケア不足や、血行不良、出来てしまったやニキビの放置が原因のようですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■二の腕のブツブツや腕ニキビの正体

水着やタンクトップ、ショートパンツといった肌をみせる部分が多くなる季節。二の腕やお尻、太ももなどに赤いブツブツができてしまったり、肌がザラザラしていると気分も下がってしまいますよね。肌がザラザラとしたり、赤みを伴うブツブツができる、いわゆる「サメ肌」と呼ばれる症状は、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という、毛穴の詰まりなど角質異常によりおこる皮膚疾患のひとつなのです。

■毛孔性苔癬を悪化させるNG習慣

(1)体の角質ケアをしていない

腕や脚のブツブツやお尻のニキビは、毛穴に角質が過剰にたまることが主な原因。症状を改善するためには、溜まった角質を除去することが大切です。しかし、ゴシゴシとナイロンタオルでこするのはNG! 乾燥もブツブツを悪化させる原因となります。ゆっくりお風呂に浸かって角質を柔らかくし、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗いましょう。お風呂上がりの保湿ケアもお忘れなく。

(2)クーラーや冷たいドリンクを飲み過ぎる

夏場はクーラーや冷たいドリンクを飲み過ぎて内蔵から冷えてしまったり、暑いからとシャワーのみの入浴で済ませるなど、知らずのうちに体温を低下させてしまう生活を送りがち。カラダが冷えてしまうと、血管が収縮し血流が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。暑くても食べ物や服装に気をつけ、入浴もしっかりお湯に浸かって冷やさないことを意識しましょう。

(3)ブツブツができても放置

ブツブツができてしまった場合、そのまま放置しているといわゆる「サメ肌」と呼ばれるザラザラとした触感になったり、毛穴の周りが炎症を起こし赤くなってしまうことがあります。出来てしまったら放置せず、ケアや保湿を怠らないことが脱ブツブツボディへの近道です。

腕のブツブツやザラザラお尻を防いで、ツルスベ素肌で夏を思い切りエンジョイしたいものですね!

(前田紀至子)

【参考】
二の腕などの、「ぷつぷつ・ざらざら」治療薬『メンソレータム ザラプロ』増量! – ロート製薬株式会社
ブツブツの原因と対処法 – ニノキュア – 小林製薬