シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

覚えておいて損はない! 恋愛中に言ってはいけないこと4つ

彼氏とケンカをしたとき、なかなか会えないとき、連絡をくれないとき……。どんなときでも、絶対に言ってはいけないNGワードというものは存在します。「彼氏と長続きしない!」と嘆いているあなたは、もしかしたら知らず知らずのうちにNGワードを発しているのかも……? そこで今回は、恋愛中に言ってはいけないことをご紹介します。覚えておいて損はありませんよ!

恋愛中に言ってはいけないこと

1. 「前もそうだったよね」

彼氏とケンカをしているときに言ってしまいがちな「前もそうだったよね?」というワード。このワードは、いくら仲よしなカップルでも一瞬にしてその仲を引き裂く、非常に強いパワーを持っているので注意しましょう。前回のケンカを思い出しても、それはそれ、これはこれと分けて考えるべし!
もし気に入らないことがあるのなら、解決できるまでとことん話し合うべきです。あやふやにして終わらせてしまうと、「前も」とか「昔も」とか、相手が嫌がるだろうと分かっていながら記憶から引っ張り出してしまうのです。
誰だって昔のことを引き合いに出されたらイライラするもの。あなたも嫌でしょ? それなら、言わないことです。

2. 「寂しい…」

そりゃあ、会えない日が続くと誰だって寂しいですよね。それは、彼氏も同じこと。でも彼女と会えないぐらい忙しい彼氏に、「寂しい……」と言うのは違うような気がしませんか?
きっと、彼氏はそんなときこそ励ましてもらったり、あなたの笑顔に癒されたりしたいはずです。寂しい気持ちを伝えることはいけないことではありませんが、時と場合を考えてみて。自分が忙しいときに「寂しい……」と言われたとして、あなたはどう感じますか? ちょっぴり、鬱陶しいと思ってしまいませんか……?

3. 「来ちゃった」

ドラマや漫画ではあるあるの「来ちゃった」は、もはや恐怖でしかありません……。「浮気していないのならうれしいはずでしょ!」と言う女性もいますが、考えてみてください。
よれよれのスウェットにヘアバンド、カラコンなしの眼鏡の状態でお菓子をバリバリ食べているとき、突然彼氏が「来ちゃった」と言ってやってきたら……ぎゃ~~! アポなし訪問は、お互いメリットが少ないですよね……。
「親しき仲にも礼儀あり」は、人間関係の基本として肝に銘じておきたいですね。

4. 「女の子といたんでしょ?」

大好きな彼氏が何をしていたか、誰といたか気になる気持ちは痛いほどよく分かります。けれど、いちいち「女の子といたんでしょ?」と言われる男性の気持ちもよく分かります。
最初は、やきもちを妬くあなたを可愛いと思うかもしれませんが、だんだん面倒になってくるはずです……。人というのは不思議なもので、ダメと言われれば言われるほどやりたくなってしまうもの。
「女の子と話しちゃダメ」「女性のいる飲み会に行ったらダメ」としつこく言われているうちに、徐々にほかの女性が気になってくるものなんですよね。
恋愛中は、相手を疑うとキリがありません。まずは疑うよりも信じることが大事ですね!