シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

行かなきゃ損!「彼との距離が縮まる」連休有効活用術

行かなきゃ損!「彼との距離が縮まる」連休有効活用術

あなたはもう、年末年始の予定はたてましたか。

今年の年末年始が最大9連休ということで、海外旅行にでかけるというひとも少なくないのではないでしょうか。混み合う年末年始を避けて、11月の連休を利用してみるのもいいかもしれません。

旅行は、マンネリ化した恋人同士がお互いの良さにあらためて気づく絶好のチャンス。『Menjoy!』としても、積極的に彼と旅行に出かけて欲しいなとおもうのです。また、いまは彼がいないというあなたでも、旅行は女磨きの絶好のチャンスです。

そこで今回は、11月の連休や年末年始を利用して、ぜひ出かけてもらいたい旅行先を紹介します。

 

こんなに近い!? 今アジアが熱い

せっかくの連休とはいっても、「そんなに遠出は疲れる」「お金ないし……」とおもう方も多いはず。そこで、今近場で人気の旅行先なのが“アジア”。たとえば、シンガポールと台北などはどうでしょうか。

モダンとクラシックの融合した街、シンガポール。高さ280メートルという、シンガポールで最も高いビルの最上階にあるワン・アルティテュードには、『マリーナ・ベイ・サンズ』などシンガポールの街並みを見下ろせるルーフトップバーがある一方で、市内中心からも程近いセントーサ島にある『タンジョンビーチクラブ』でビールを飲みながら、のんびりすることだってできます。

また、台北では医食同源という言葉があるように、美味しく食べてキレイになることだってできます。なにも高級レストランに行かなくても、台北市最大の夜市『士林夜市』で、大餅包小餅や大腸包小腸などを味わってみてはどうでしょう。大餅包小餅は、柔らかいクレープのような生地の大餅でサクサクの小餅を包んで食べる物。大腸包小腸は、餅米の腸詰めに肉の腸詰めを挟んで食べる物です。

ほかにも、バンコクなどもおすすめ。これからの雨期が終わり乾期に突入するバンコクは、暑さも和らぎ一段と過ごしやすい季節です。タイ式マッサージや南国のフルーツなどを楽しみながら日本の冬の寒さからエスケープというのもいいのでは。

 

海外旅行はお金がかかる”はウソ!?

とはいえ、いくらアジアで近場と言っても、「海外だし、なんだかんだお金かかるんでしょ?」とおもっていませんか。でも実は、おもったよりも安く行けるんです。たとえばインターネットで格安航空券を探したり、航空会社のキャンペーンをうまく活用したりと、工夫次第では国内旅行より安上がりになることもあります。

直近のキャンペーンだと、成田・台北間は片道7,000円から、成田・シンガポール間は片道13,000円から行ける、シンガポール航空傘下の格安航空会社Scootのキャンペーン(11月5日から11月9日までに購入した方限定)などがあります。下手に国内で旅行するよりも遥かに安いですね。

ちなみに、バンコクに住んでいる筆者だと、バンコク~シンガポール間の交通費は数千円。週末に、シンガポールのクラブにでかけることだってできるんです。

 

いかがですか。なるべくお金をかけずにいける海外旅行デート。きっと思い出になりますよ。

 

【参考】

※ スクートフラッシュプロモキャンペーン – Scoot