シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

英語よりもっと重要!「社会人に必要なスキル」1位は●●と調査で判明

仕事に必要なスキルはなんですか? こう聞かれた場合あなたなら、なんと答えますか? どんなスキルを身につけたいと思いますか?

株式会社メディア・シェイカーズ M1・F1総研(R)では、全国の20~40代の働き盛りのビジネスパーソン2,084名を対象に、 仕事に必要なスキルについてアンケートをとりました。

はたして、英語力をおさえてトップになったのは!?

 

■働く人が必要だと思っているスキル

有職者が考える社会人全般に必要な力として、対話力・状況判断能力があがっています。

英語力よりも接する人とどう対話をするか、その場でできる最善の判断力が大切だと思っている人が圧倒的に多いことがわかりました。

 

■身につける努力をしたいスキル

ビジネスパーソンが身につけたいと思っている能力は、コミュニケーション・分類・観察力と、対人関係に重きを置く結果になりました。

チームで働くことの大切さを、社会人になって痛感した人が多いことを表しているといえそうですね。

 

■感情は後回しにするのが鉄則

ではどのようにすれば、これらの能力が身に付くようになるのでしょうか? 今すぐできるいくつかの案をご紹介します。

(1)人の考えを読もうとしない

対人関係をうまく行かせるためには、相手の発信する態度から「この人はこう思っているに違いない」と勝手な想像をしないことです。

あなたの感じたことが当たっている場合が少ないうえ、本当にそう思っているのかわからない以上、幽霊を相手にしているようなものだからです。

(2)好き嫌いで仕事をしない

この人は好き、あの人は嫌いだからと態度を変えていると、他人はあなたを気分にムラがある人だと判断しかねません。

対人関係をうまくいかせたいのなら、人の好き嫌いは後回しにして、業務に集中しましょう。

(3)ネガティブな感情は抑えすぎず効果的に使う

怒りを感じることは自分が未熟だから……日本人はこう考えるふしがあるようです。しかし喜怒哀楽はすべて肯定されるべき感情です。

怒りを感じたときは、ただ怒りをぶつけるのではなく、なぜあなたが怒っているのがを冷静かつ具体的に相手に伝えましょう。

今後の業務改善につながるうえ、言うべきときはしっかり言ってくれる人という信頼感を持ってもらえるかもしれません。

 

以上、 仕事に必要なスキルについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

2,000人以上のビジネスパーソンが必要だと思っているスキル、あなたはもう身につけられていますか!?

 

【参考】

※ ビジネスパーソン2,000人に聞く「仕事で必要なスキル」調査 – 株式会社Media Shakers

あわせて読みたい