「算数の宿題を教えて」と子どもに言われたとき、どういった対応をしていますか?

「え~、分かるかな~」「お母さん、算数苦手なんだよな」などと、思わず自分の苦手意識を口にしてしまっている親御さんは要注意。親の何気ない弱気発言が、子どもの算数の能力向上を妨げてしまう恐れがあると言います。

そこで今回は、米国の科学的心理学会の資料を参考に、算数の不得意な子どもを育てかねない親のNG言動をまとめました。

 

■算数に対する親のネガティブな態度まで子どもはまねをする

学生のころ、算数や数学は得意でしたか? 不得意だった人からすると、子どもに「宿題を教えて」と言われても、思わず弱気な発言や人任せな態度をとってしまいがちですよね?

しかし、この算数に対する親の苦手意識は要注意。苦手意識がそっくりそのまま子どもに伝わって、子どもを算数嫌いにしてしまう恐れもあるとか。

例えば子どもが算数の疑問を親にぶつけたとき、「苦手なんだよな~」「ママは、分からない」「算数、嫌いなんだよね~」と親が反応したとします。

そんなリアクションを毎日目の当たりにしていれば、「親ができないのに、自分もできるわけない」と自然に考えるようになってしまいますよね?

子どもは親の言動をまねして成長していくように、算数に対する親の反応を見て、苦手意識もまねしてしまう恐れがあるのです。自分の言葉に子どもがすごく影響を受けると、あらためて考え直してみるといいかもしれません。

 

■算数が苦手な親は子どもと一緒に学び直す姿勢を見せる

もしも算数や数学が苦手な場合は、どうやって宿題を見てあげればいいのでしょうか? 

子どもの質問に正面から向き合う積極的な姿勢をベースに持ちつつ、参考書やインターネットサイトなど“大人の武器”も駆使しながら、子どもと一緒に算数の課題に取り組んでみてください。

理解できない問題であっても、あきらめずに解こうとする姿を見せれば、子どもも難問を前にしたときの粘り強さを学んでくれるはずです。

分からない問題も簡単に放棄せず、分かったときの喜びを親子で共有できるといいですよね。

 

以上、算数に対する親のマイナスな感情や態度が、子どもにまで影響を与えてしまうとお伝えしましたが、いかがでしたか?

うかつに「分からない~」などと言っているうちに、子どもまで算数が苦手になってしまうかもしれません。十分に注意したいですね。

 

【画像】

あわせて読みたい