シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

若返りや美腸を叶える!秋のおすすめフルーツ3選

食欲の秋は、フルーツもおいしい季節です。東洋医学では、秋のフルーツは身体を潤しお肌を美しくすると言われています。なかでも、「いちじく」・「ブドウ」・「柿」は、美肌成分もたっぷりのお肌のためのフルーツだって、知っていましたか?

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■秋のフルーツがお肌を美しくする理由

東洋医学では「肺の華は肌」と言われ、肺が健康であればお肌も美しいと考えられています。肺は、全身に酸素を送る大切な臓器であり、呼吸作用のある皮膚とも深く関係しています。
しかし呼吸器をつかさどる肺は乾燥に弱いため、肺が乾燥してしまうと、免疫力が下がり風邪を引いてしまったり皮膚疾患などにもなりやすくなってしまうのです。そのため、身体を潤す食材に分類される秋のフルーツは、結果として潤いのあるお肌を作ると考えられています。

■おいしく食べて美肌になれる秋のフルーツ3つ

(1)いちじく

水溶性食物繊維の「ペクチン」や、繊維質である「セルロース」が豊富に含まれており、腸内環境を美化して美肌作りをサポートします。
この他にも「アントシアニン」、「リコピン」、「ルテイン」、「β-カロテン」なども含まれ、血液中にある主要な「カロテノイド」の全てが含まれた抗酸化成分たっぷりのフルーツなのです。

(2)ブドウ

ブドウの皮や種には、若返りのポリフェノールとして有名な「レスベラトロール」、強い抗酸化作用を持つ「プロアントシアジニン」などが含まれています。
レスベラトロールはお肌のターンオーバーを整え、プロアントシアジニンはシミの改善効果があるそうですから、夏の紫外線でダメージを受けた肌ケアに◎。ブドウを食べる時は、皮ごと食べられる種類をチョイスしてみて!

(3)柿

柿は「ビタミンC」が豊富なフルーツ。1個で1日に必要なビタミンCの約70%を摂ることができます。柿の渋み成分「タンニン」には、抗酸化作用があるだけでなく、血糖値の上昇を穏やかする働きがあるため、余った糖が脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きもありダイエットにもおすすめです。


ビタミン・ミネラル・ポリフェノールと3拍子揃った秋のフルーツ。おいしく食べて夏の疲れたお肌をもケアしたいですね。


(岩田 麻奈未)

【参考】
イチジク – 野菜等健康食生活協議会
ブドウ種子エキス(プロアントシアジニン) – キッコーマン
レスベラトロール – わかさ生活
柿 – わかさ生活
カキ – 野菜等健康食生活協議会