シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

自分の姿勢見たことある?下半身ぽちゃ子が知らない「デブる理由」

衣替えの季節ですね。タンスにしまっておいた去年のパンツに足を通そうとしたら、「あれ? はいらない」。春夏にため込んだぜい肉の塊に気づいた時には、既に遅し。アナタもいわゆる“洋なし体型”になってしまっています。パンツはキュッとしまった下半身できちっと着こなしたいもの。

今日は、『Menjoy!』過去記事なども参考にしながら、下半身太りを解消し、オトコが魅力的だと感じるボディになる方法を紹介してまいります。

 

■下半身デブの要因

そもそも下半身太りはなぜ起こるのか?

それは老廃物の排出機能が低下しているからに他ありません。代謝が落ちることで下半身に水分や脂肪、セルライトといった女性にとっての天敵をため込んでしまっている状態になります。

 

■習慣化した姿勢がデブらせる

そんな洋なし型体型を、スッキリさせるにはまずは姿勢の改善が必要です。

猫背であったり、反り腰であったりするとお腹やお尻、太もものラインが崩れリンパの流れが悪くなり、下半身にお肉を貯めやすい状態になってしまいます。

たとえば、“イスに座るときにお尻に体重を乗せ、背もたれによりかかる”“正座をするとき、猫背になる”“スマートフォンを操作するとき背中を丸める”などの姿勢になっていませんか?

こうした姿勢の崩れはお尻がたれたり、背中に脂肪がついてしまったりする原因になり得ます。骨盤を起こすことで内蔵の位置も正しい位置に戻り、ぽっこりお腹も改善しますよ。

 

■引き締め効果を上げるには?

姿勢が良くなったところで、より効果的にお肉を落とすためには、やはり運動をしていきましょう。

下半身が重いとカラダを動かすのがおっくうになりがちですよね。まずはウォーキングや足ふみといったゆるやかな有酸素運動から始めて、だらしなかった下半身のラインを整えていきましょう。

 

以上、下半身太り対策のためのアドバイスでした。いかがでしたか? 

本格的に寒くなってからカラダを動かすのは大変だと思いますので、今の時期から引き締めを意識すれば、太りやすい冬を難なく過ごせるかもしれません。来年の春には見違えるような下半身のラインを作り上げていきましょう!

 

【画像】

Subbotina Anna / Shutterstock