シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

脱マンネリ!「社内のオシャレ番長」認定される2015秋冬の流行3つ

オフィススタイルの定番アイテムといえば、シャツやスーツなど。もちろんそれらはシーズンレスでトレンド関係なく着られる便利なアイテムです。

しかし、今季は多くのブランドから働く女性に向けたスタイルが提案されており、トレンドの中心核となっています。せっかくなら定番アイテムをトレンドアイテムにスイッチさせて、社内のオシャレ番長の称号を頂きましょう!

今回は、ファッションライターの筆者がオフィススタイルを一新させる秋冬トレンドアイテム3つをご紹介します。

 

■1:セットアップ

スーツの代わりに今季着るべきは、セットアップです。ニット素材、スウェット素材など種類はさまざまですが、ハイネック×ロング丈スカートのものが一番働き女子が使えるアイテムでしょう。

生地はカジュアルだとしても、露出が少なくひざ下のロング丈スカートであれば程よくフォーマルにきまります。

足元はヒールのブーツやパンプスで。休日はトレンドのスニーカーと合わせればオンでもオフでも着られます。また、トップスだけボトムスだけと別々で着回しも可能。

 

■2:ワイドパンツ

働き女子向けででなくても、今季のトレンドの要となっているのが“ワイドパンツ”。ゆったりとしたシルエットが開放感と自由な雰囲気を醸し出します。

とはいえ、カジュアルすぎないのがワイドパンツの良いところ。むしろ綿素材を選べばスーツのように着られるキチンと感のあるアイテムです。

『BizLady』の過去記事「グンっと脚長効果!2015秋は“オフィスこそワイドパンツ”納得の理由3つ」でも紹介されているように、体型カバーや脚長効果も抜群! 今季はスキニーパンツではなく俄然ワイドパンツを履きこなすべし。

 

■3:シャツドレス

会食や接待の日に活躍するのがワンピース。露出度の低いワンピースや品のあるツイード素材は老若男女問わず愛される無難なアイテムです。

しかし、トレンドであるシャツドレスも一枚手に入れてはいかがでしょう?

今季はシフォンなどの風に舞うふんわりとした素材で、衿やボウタイ付きがとくに多く出ています。柄物が人気のようですが、オフィススタイルには少し派手過ぎるという人はワンカラーとツートーンを選びましょう。

 

以上、オフィススタイルを一新させる秋冬トレンドアイテム3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ファッションは人生を少し豊かにしてくれるもの。

どうせ会社の人にしか会わないから……。と手を抜くのではなく、気分を上げてくるアイテムを取り入れたり、新しいスタイルに挑戦して毎日に少し彩りを加えてみてくださいね。

 

【参考】

※ Fall Workwear Updates To Try Now – The Zoe Report

あわせて読みたい