シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

脱どんより肌!夕方の肌ぐすみを明るくする簡単テクニック3つ

昼過ぎや夕方に鏡を見た時、自分のくすんだ顔色にギョッとした経験はありませんか? 自分の顔にギョッとするほど、肌のくすみを感じる人は、アイシャドウは午後からにしたり、チークをクリームタイプにするなどして、夕方の肌ぐすみを回避しましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■夕方になると顔はくすみがち

乾燥や血流の低下などが理由で、一日の中でも肌のくすみ加減は変化します。午後から夕方にかけて、一気に肌がくすむと実感している女性も少なくないはず。しっかりと保湿をしたり、血流を促してくすみ予防をするのが理想的ではありますが、もしもくすみを感じたら3つのクイックケアを試してみて!

■夕方の顔ぐすみを明るくするテクニック3つ

(1)午前はノーカラー、夕方からアイシャドウをオン!

朝の時点では綺麗なグラデーションだったはずのアイシャドウも、夕方頃には目の周りのくすみとあいまって、どんよりした目元になってしまいがち。そんなピンチを解消したい時には、思い切って朝や午前はアイシャドウを塗らない作戦はいかが? アイライナーとアイシャドウベースを塗るだけで目元は整いますし、くすみの無い朝ならそれだけでも十分きちんとした印象に。くすみが出やすい午後からは、明るくフレッシュなムードになるイエロー系やレッド系のアイシャドウがおすすめ。

(2)クリームチークで顔色を明るくしよう

顔色がくすんだ時の救世主、チーク。多くの人がパウダーチークを使っていると思いますが、肌が疲れている時は、ふんわりとした明るい血色肌を演出するには、クリームチークがベター。血色に近いピンクやレッド系のチークを選べば、より健やかな素肌のイメージに近づくはず。

(3)ベースメイクを軽くオフして塗り直すのも手

くすみの大きな原因の一つは乾燥。乾燥した肌に化粧をすることで、恐怖の土色ベースメイクを招いてしまいます。肌が乾燥してくすんでいるな……と感じたら、軽くベースメイクをオフして、乳液で肌を保湿してあげてから下地とファンデーションを塗り直すのもありですよ。


午後の仕事中はもちろん、仕事後も楽しくエンジョイするためにも、くすみ対策は頭に入れておきたいものですね。


(前田紀至子)

【参考】
メーキャップについて – マキアージュ – 資生堂
くすみ対策は ケア・メーク・心がけ – シティリビングWeb