シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

育ちがわかる!?恥をかかない「箸マナー」と上品に見えるコツ

普段何気なく使っているお箸ですが、外食した際に他人の箸使いが気になったことはありませんか? 「箸を見れば育ちがわかる」といわれるほど、実はマナーがたくさんあるお箸使い。将来彼の両親と食事をするとき、「箸使いがなってない」なんて思われないように、最低限のマナーは覚えておきましょう。

20151011sakamoto

■やりがちだけどNG!最低限知っておきたい「嫌い箸」5つ

箸の作法には「嫌い箸」や「禁じ箸」といわれるタブーとされる箸使いがあります。一緒に食事をする相手に不快感を与えないためにも覚えておきたいですね。中でも意外とやりがちなこの5つは覚えておきましょう。

・刺し箸

食べ物を刺して食べる箸使いのこと。料理人への気配りが疑われてしまう行為です。

・渡し箸

皿や茶わんの上に箸を渡すこと。「もう要りません」という意味合いで、食事中は「まずい」と捉えられてしまいます。

・寄せ箸

器を箸で引きずること。料理に感謝する心で手に取って寄せるべきです。

・ねぶり箸

お箸についたものをなめて取ること。おしゃぶり癖のように見られてしまう行為とされています。

・直箸

「取箸」を使わずに、自分の箸で料理を取り分けたり、同席者に取り分けたりすること。日本では不浄とされています。気配りしたつもりの逆さ箸(箸の上下を返して盛り合わせの料理を取る)のもタブーなので気をつけましょう。


■上品に見える箸の使い方

(1)箸先3センチを目安にする

昔から「箸先五分、長くて一寸」といわれ、箸先1.5~3センチのところを使うようにし、あまり汚さないようにするのが美しいとされています。おちょぼ口で食べるとそのくらいになりますが、今は4センチまで許容範囲だそうです。

(2)箸の持ちあげ方

「箸は三手で取る」のが正しい持ち方です。まず、右手で箸の中央からやや右側あたりを持って、箸を取ります。

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

左手で箸先を受けて、両手で持ちます。

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

右手を外側にスライドさせ、正しい持ち方に替えて、左手を離します。

女子の美肌作りを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

指を閉じることで所作が美しく見えます。箸を置く時は反対の手順です。

(3)箸の休め方

嫌い箸の「渡し箸」は意外とやりがちですが、食事中に箸を置く時は、箸置きを使うのが正しいマナーです。箸置きから箸先3センチほどを外に出して置きます。

(4)割り箸も美しく

割り箸の割り方は、膝の上で上下で持つのが正しく、箸を縦にして左右で持つのはNGです。箸置きがない場合は、箸袋を折って箸置きに、食べ終わったら箸先を袋に入れると綺麗に見えます。


いつも使うお箸だからこそ、美しい所作に見える使い方を覚えて、誰と食事に行っても気後れしないように、お家でも習慣にしてくださいね。


(坂本雅代)

【参考】
箸の作法 – アソシアホテル&リゾーツ
箸のマナーとタブー – 兵左衛門
箸の正しい持ち方 – 兵左衛門
箸の扱い|知っておきたい暮らしのマナー講座 – 愛知県共済生活協同組合