シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

肩こりだけじゃない!「疲れ目」は髪にもダメージを及ぼしていた!?

長時間のパソコン作業、スマホでの長時間のゲーム、コンタクトレンズのつけっぱなし。私たちは知らず知らずのうちに目を酷使しています。疲れ目が続くと、血行が悪くなり、クマ、目の落ちくぼみなど「目元が老けて見える」原因にもなってしまいます。
しかしそれだけではありません。なんと、目の疲れは、私たちの髪にもダメージを与える原因となるのです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■どうして目が疲れると髪が傷むの?

髪が健康に育つために必要な「ビタミンB郡」や「L-システイン」。目を酷使しすぎると、これらの栄養素が角膜の修復に使われ、髪に充分に行き届かなくなり、結果、ダメージへと繋がってしまうそうなのです。

■疲れ目を癒やす食品3つ

それでも仕事でパソコンを使う、スマホを操作するなど目を使うのは避けて通れないもの。そこで、目の疲れを癒しシステインを補給できる食材をいくつかご紹介しましょう。

●大豆製品

とくに「納豆」にはシステインを多く含むのでおすすめです。また、大豆製品には女性ホルモンに似た働きをする「大豆イソフラボン」を含むので、美容にも嬉しい効果が期待できます。

●ひじき

ひじきは多くの栄養素を含む優秀な食品です。
粘膜を強化し目疲れにも効果的なビタミンB郡や、髪の成長促進をサポートする「鉄」も豊富に含まれています。

●カシューナッツ

カシューナッツにはシステインの他、マグネシウム・亜鉛を多く含有する食品です。
亜鉛は代謝に必要な成分であり、基礎代謝があがることでエネルギーを消費しやすい体を目指すことができますので、ダイエット中でもおすすめです。


お手入れには気を使っているのに、なぜか毛先がパサパサ、なんて思ったら眼精疲労も疑ってみてはいかがでしょうか。


(LBR編集部)

【参考】
※勝田小百合著(2013)「やってはいけない老ける習慣」(オレンジページ)
カシューナッツ – わかさ生活
食材辞典 – ヘルシーパス
栄養成分 – 日本ひじき協議会