シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

肌の凸凹をなめらかに!化粧下地を使うべきワケ

面倒だからといって省いてしまわれがちな「化粧下地」。でも、実は使わないと損! と思うほどいいことがたくさんあるのです。プロヘアメイクである筆者がその秘密をご紹介します!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ファンデーションを崩れにくくし、肌の凹凸を整える!

化粧下地はファンデーションと肌の接着剤的な役割をしてくれます。そのため、下地の上にファンデーションを重ねることで化粧崩れを防止することができます。

また、ニキビや肌トラブルによる肌の凹凸は、下地を塗らずにファンデーションをつけてしまうと、かえって目立ってしまいます。滑らかな肌に仕上げるには化粧下地が必須なのです。
下地で毛穴やニキビ跡、くぼみなどをフラットにすることで、ファンデーションの効果をより高めることができます。


■下地の正しい使い方

使うタイミングはスキンケアの後、ファンデーションの前です。
量はパール大くらいを手のひらに満遍なくのばし、両手で顔を優しく覆うように、ペタペタと顔全体につけていきます。

顔全体につけたいのに、指一本でちまちまつけていてはつけ終わる前に部分的に乾いてきてしまったり、ムラの原因になってしまいますので注意しましょう。
また横に伸ばしたり、こすったりすることもムラの原因になってしまいます。引きずらず、肌の表面に置くようなイメージでつけることをおすすめします。


ファンデーションと下地は化粧品メーカーによってセットで開発されている場合が多いので、ブランドに合わせてライン使いすることも良いでしょう。揃えることで相性がよくなり、ファンデーションの特徴を効果的に引き出すことができます。
スキンケアからの流れで、化粧下地も丁寧にぬり、効率良くメイクすることでより美しい仕上がりになりますよ。化粧下地は面倒だな〜と思っていた人も、ぜひその効果を肌で実感してみてください。


(中花絵里香)