シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

職場の痩せ子はコレしてる!働きながら「ダイエット習慣」手軽な3つ

仕事をしていると、なかなか思うようにダイエットができない、ということもあるかと思います。忙しいと外食が増えたり、不規則な生活になってしまったり、とダイエットをしている人にとっては、なかなか厳しい状況もあるのではないでしょうか。

しかし、実は忙しく働いていても簡単にできるダイエットの習慣があるというのです。これはぜひ知っておいても良いのではないでしょうか。

そこで今回は海外の女性向け情報サイト『all women stalk』などの記事を参考に、“働きながら簡単にできるダイエット習慣3つ”をご紹介します。

 

■1:階段を使う

働いていると、通勤や会社内の移動などで、エレベーターやエスカレーターを使うことが多いのではないでしょうか。この時、できるだけ階段を使うようにしてください。

もちろん、高層ビルで20階、30階まで階段で登ることはないです。社内であれば2~3階上下のフロアまでの移動、地下鉄に乗る時などのちょっとした移動では、できるだけ階段を使いましょう。

1段1段登るたびにダイエットの目標に近づいている、と意識することです。積み重なると、結構なダイエットになります。階段を使う、という習慣をつけてしまいましょう。

 

■2:深夜には食べない

就寝2時間前、できれば3時間前の食事は避けましょう。食事はもちろんですが、避けたいのは夜のスナックです。残業で会社に残っていて、ちょっと小腹が減ってお菓子を食べたり、アイスを食べたり……なんてことはないでしょうか?

残業していると、つい食べてしまう夜のおやつはダイエットの強敵です。逆に、こうした習慣をやめると意外とスムーズに痩せることができます。

 

■3:食事は少量を回数多く

ダイエットしているからと言って、食事の回数を減らすのは逆効果です。もしかしたら、忙しいからといって朝食を抜いたり、ランチを抜いたりしていませんか?

実はお腹が空いた状態で食事をすると、摂取カロリーが、どうしても増えてしまいますし、そのカロリーの吸収も良くなってしまいます。

一度の食事量は少なくて良いので、食事の回数を増やしましょう。回数を多くして、あまり空腹感を感じないようにしたほうが、カロリー摂取が少なくなります。

忙しい場合、少量を数回に分けて食べるのが時間的にも良いかもしれません。とにかく、一回にドカッと食べるのは止めましょう。

 

以上、“実は働いていても簡単にできるダイエット習慣3つ”でしたが、いかがでしょうか?

こうしたことを習慣化してしまえば、リバウンドなども気にする必要もありませんし、健康にも良いはずです。仕事が忙しい人ほど、さっそく実践してみてください。

 

【参考】

※ 7 of the easiest weight loss tricks ever – all women stalk

あわせて読みたい