シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

職場のトラブルメーカー断トツ1位…!「●●さんへの上手な対処法」3つ

もめごとの原因になりやすい人を“トラブルメーカー”と呼ぶ。あなたの職場にもひとりやふたりはいるかもしれない。

日本法規情報株式会社が“職場のトラブルメーカー”についてアンケート調査を行ったところ、断トツの1位に選ばれたタイプが判明した。

それは、“新人さん”。仕事に慣れていないことと、学生気分をひきずる傾向が強いことが問題を引き起こしやすい原因だろう。

そこで今回は、同アンケートに寄せられた回答を引用しつつ、トラブルを引き起こしやすい新人への上手な対処法について、特徴的なタイプごとにご紹介しよう。

 

■1:モテることを優先する女性新人

<「若ければどんな男からもモテると思っている新人。自分になびかない男がいると不機嫌になるし、自分より年上の女性がチヤホヤされても不機嫌になる。仕事にも影響があるのでとても迷惑しています」>

何をしに出社しているのか問いただしたくなるタイプだ。恋愛のもつれから案件をつぶしかねない。こういう女性は“自分を認めてほしい”という認証欲求が強いことが多いという。そこで、「仕事ができる女性ほど魅力的で性別を問わずモテる」ということを意識させてみてはどうだろうか。

 

■2:ケアレスミスを繰り返す新人

<「いくら注意してもメモしない新人。同じミスを繰り返すし、同じことを何度も質問する。先日は注文をきちんとメモせず、注文ミス。大事にならずに済んだが、今後も憂鬱です」>

慣れないことだらけで、なにをメモにとったらいいのかもわからないほど混乱している可能性もある。ルーティン的な業務はこちらから付箋に書いて渡すなど、メモの取り方を示してあげてもよさそうだ。

 

■3:高学歴な意識高い系新人

<「高学歴が自慢の新人君は、とにかく自分の考えに根拠もなく自信満々。そして、アピールとでも思っているのか、とにかく、やみくもに誰にでも食って掛かるんです。ミーティングでも持論を繰り広げて得意顔。正直実務経験のない使えない持論ばかりで余計な時間がかかり、困っています」>

このタイプには、机上と実務との大きな違いを体感させるしかないだろう。 コツコツと努力を積み上げることができるタイプであると想定できるため、失敗を繰り返しながらも達成感を味わえば、現実感覚を身につけて、頼もしい戦力になってくれる可能性もある。

 

以上、 トラブルを引き落としやすい新人への上手な対処法についてご紹介したが、いかがだろうか?

一緒に仕事をするのなら、要領が良く仕事をこなす、人当たりがいい人物が理想的。しかし新人時代の自分も、もしかしたらトラブルメーカーとして先輩は内心ハラハラしていたかもしれない。

押し付けがましくならない程度に、後輩が力を伸ばせるように導いてあげるのも、先輩としての仕事であるといえそうだ。

 

【参考】

あわせて読みたい