シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

耳たぶも…ポッと色づく!チーク名人「凄腕モテ子」のメイクテク3つ

みなさんは“チーク”と聞いて、どんな使い方をイメージしますか? きっと9割近くの人が「頬を染めるもの」と答えるでしょう。

季節が変わる頃に限定発売の新色チークを手に入れては、使い切れずに微妙な量を残したままにしている……そんな残念女子に朗報です! なんと頬以外にチークを塗ることで男心をキュンとさせるモテメイクがあるんです。

今回は、メイクアップアーティストの佐竹佳子(Kaco)さんが、意外な“チークの使い方”ポイント3つを紹介してくれました。

 

■1: 眉毛の上にのせて青み隠し

「眉毛を剃った部分は青くなってしまいがち。そこにオレンジ色のチークを塗ることで青眉をカバー出来ます。この部分にチークが入ると顔がコンサバっぽいカッチリした印象から、洗練された女性像になれます」と説明するkacoさん。

また、ナチュラルな淡いピンクを使えば、赤ちゃんのような柔らかい印象にもなるそう。

 

■2: 鼻チークで日焼けメイク

「オレンジ色のチークを、頬骨の高い位置にのせます。そのまま鼻筋にもサッと塗るだけで日焼けメイクの完成です。カジュアルな服装や、BBQなどラフな場面でも似合います!健康的な女性を演出しましょう」とkacoさん。

これから春先など暖かい季節、特に活躍が期待出来るチークテクニックです。

 

■3: 福耳は耳たぶチークで作れる

kacoさん曰く、「そしてモテメイクで外せないのが、耳たぶチーク! 女の子が恥ずかしくて赤面している姿をチークで作れちゃうんです。と言っても塗りすぎはNG……頬を塗るブラシに残ったぐらいの量を耳たぶに塗りましょう。色はピンクが自然ですね」とのこと。

普段は髪で耳を隠していて、彼と話している最中にスッと髪の毛を耳にかける動作でチラ見せして、ドキッとさせちゃいましょう。

 

ポーチの奥底で眠ってしまっている残り物チークが大活躍するテクニックです。デートの前に思い出してくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

 

【取材協力】

※ 佐竹佳子(Kaco)・・・メイクアップアーティスト。化粧品会社に3年間勤務したのち、もっとメイクを極めたいとメイクスクールに通学。現在はフリーのメイクアップアーティストとして活躍中。元々自分の顔にコンプレックスがあり、化粧で可愛く見せたいという願いからメイク人生がスタート、今に至る。TwitterID:kaco_make