シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

美人になりたい人必見!キレイになれる食べ方まとめ

美人オーラがある人たちの美の秘訣は食べ方にあり!? そこで「美人になる食べ物・食べ方」についてまとめてみました。カロコンやGI値、ファイトケミカルなど、気になるワードも盛りだくさん!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■美人はみんな計算してる!?「ほっそり美肌女子」が共通して守っているおやつの食べ方って?

自分の体型をイマイチ上手にコントロール出来ずにいませんか?  食べすぎや痩せすぎに振り回されないながらも「おやつもしっかり楽しむ」ための、簡単“カロコン”とは?

●カロリーコントロールしながらおやつを食べるコツ3つ

(1)1日の摂取カロリーを頭に入れて過ごす
厚生労働省の指導によると1日に必要なエネルギーは、体重50kgの女性で1250kcal~1500kcalですので、その範疇で食事をし、浮いたカロリーを間食にあてるようにしましょう。

(2)アイスやお菓子は「小分けして食べられるタイプ」を
過度なストレスはリバウンドの元。ストレスも脂肪も溜めないためには、アイスやお菓子は「小分けして食べられる小袋タイプをちょこっと」食べる習慣を身につけましょう。

(3)余計なカロリーを摂取しないようジュースやお茶は原則「無糖タイプ」
500mlペットボトルのフルーツティーは1本あたり150kcal前後となかなかのカロリーになります。間食レベルのカロリーを余分に摂ってしまわないためにも、無糖タイプの飲み物を選ぶようにしましょう。

■飲んだ人からキレイになれる!? 海外の美人は「とっくに愛用中」の●●ミルクって?

●アーモンドのビューティー効果3つ

(1)ビタミンEがスゴイ!
抗酸化力の強いビタミンといえば「ビタミンE」。アーモンドには、ビタミンEが豊富に含まれおり、一つぶで1日に必要なビタミンEを摂ることができるといわれています。

(2)腸内美化もサポート!
ちょっと意外かも知れませんが、アーモンドは食物繊維たっぷり。なんと、アーモンドにはゴボウの約2倍の食物繊維が含まれていて、腸内美化にも◎。

(3)ミネラルもたっぷり!
アーモンドが健康食品として優れている要素の一つに、ミネラルが豊富なことが挙げられます。ミネラルは「血液中の栄養を細胞に届ける」「体内の水分バランスを保つ」といった大切な役割を担う成分。アーモンドは、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛といった、美肌だけでなく健康のためにも大切なミネラルがバランス良く含まれているのです。

■「夜食べた物」で睡眠の質が決定!美人が守っているたった3つのルール

美肌のために欠かせない良質な睡眠、実は夜に食べたものとダイレクトに関係していって、知っていましたか?

●夜食べたもので睡眠の質が決まる!

食事をすると血糖値が上がり、インスリンが分泌され血糖値を下げます。この血糖値の上昇は、何を食べても必ず起こるものなのですが、血糖値が急上昇するような食べ物を食べると、その分インスリンが多く分泌され、血糖値を下げ過ぎまたお腹が空く……という悪循環に陥ってしまうのです

●良質の睡眠を得るための食事ルール3つ

(1)一番最初に野菜!
野菜に含まれる食物繊維を一番最初に食べておくと、その後食べた物がゆっくり消化され血糖値の上昇も穏やかになります。

(2)夜だけ糖質制限
夕食だけはご飯やパン、麺類といった主食となる糖質を抜いてみるのも良いでしょう。

(3)寝る前には血糖値を安定させる飲み物を
寝る前にどうしてもお腹が空いてしまった場合には、「ホットミルク+ナッツ」がおすすめです。血糖値を急上昇させません。

■美人は飲んでいる!驚異的な美肌スープとして話題の●●スープ

植物が外的要因から身を守るためにもっている成分が「ファイトケミカル」。優れた抗酸化力と抗菌力があり、サビない肌のためにはぜひ摂りたい有効成分です。

●ファイトケミカルってなに?

「Phytochemical(ファイトケミカル/フィトケミカル)」は、植物と化学成分の合成語。植物由来の化学成分という意味です。ポリフェノールやカロテノイド、イオウ化合物など、ビタミンやミネラルのような栄養素ではないけれど、私たちの身体に有効な成分を指します。

●ファイトケミカルスープがおススメな理由

それぞれに違った効果を持つ「ファイトケミカル」ですが、共通してみられる効果に「抗酸化」力と「抗菌」力があります。ファイトケミカルは、細胞内に含まれる安定した物質。熱を加えるとファイトケミカルが自然と細胞の外へ溶け出してくるため、スープがおすすめなのです。


美人は1日にしてならず。でも、実際に美人がやっていることなら、きっと近道なはず。いますぐ取り入れて、体の内外からキレイを目指しましょう。


(LBR編集部)