シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

綺麗になるには?年代別「綺麗になるためにできること」特集

1:綺麗になるためにできることはたくさんある!?

女性なら誰もが綺麗になりたいと思うもの。しかし、ただ「綺麗」といっても、その概念はさまざま。

顔やスタイルのことなのか、それともお肌のことなのか……。人によっても、また年齢によってもその概念は変わってきますよね。

ただ共通して言えることとして、加齢による老化に逆らうのは簡単なことではないけれど、それぞれの年代ならではの美しさを持っている人や、イキイキとしている人は綺麗に見えますよね。

 

2:20代が綺麗になるには?5つ

「20代なんて何もしなくても綺麗じゃない!」と30代中盤の筆者は感じてしまうものですが、自身が20代だった頃を思い返せば、やはりその年代なりに「綺麗になりたい」と思っていたものです。

若々しく、女性として魅力的な世代とも言える20代女性が、さらに綺麗になるにはどうすればいいのでしょうか?

(1)きちんとした生活リズムのクセをつける

綺麗な人がこぞってやっていることといえば、しっかり睡眠をとったり朝早く起きたりと規則正しい生活です。たまに夜更かししたり、暴飲暴食をする日があっても、体が正しいリズムを知っていれば、体調を崩したりお肌が荒れたりすることを防ぐことができます。

(2)保湿に力を入れる

10代や20代前半までは、ニキビや皮脂の分泌が気になって保湿を控えがち。しかし、私たちのお肌は年齢とともに肌の水分が失われるため、しっかりとした保湿が必要不可欠。

とくにエイジングケアが気になりはじめる20代後半では、紫外線ダメージなどの外的刺激や、肌のくすみやシワなどの老化を防ぐためにも、保湿はとても重要なんです。

(3)体を動かして、代謝を良くする

加齢とともに、私たちの体は基礎代謝が低下します。代謝が落ちると太りやすくなったり、お肌のトラブルが起こりやすくなったりするので、積極的に運動をして代謝のいい体をキープするよう心がけましょう。

(4)自分に似合うファッションを見つける

綺麗な人ってなんだか雰囲気がありますよね。それは、見た目や身に付けるものなど、自分に合うものを知っているから。20代の頃はいろんなファッションを模索する時期ですが、その中でも心から心地よいと思えるファションを見つけることで、自分らしく人生を歩んでいくことができるのではないでしょうか。

(5)TPOに合わせたメイクを身に付ける

年齢を重ねるにつれ、これまでと同じメイクではいつか限界がきます。仕事やプライベートなどあらゆるところで、その場にふさわしい身だしなみを求められることも増えます。

いつでもバッチリメイクの人、いつも同じメイクばかりしているという人は、TPOに合わせたメイクのバリエーションを身につけておくのはいかがでしょうか。

 

3:30代が綺麗になるには?5つ

(1)引き算メイクを学ぶ

これまで、とにかくいろんなメイクにチャレンジしてきたという人もいるでしょう。しかし、重ね続けるメイクはある程度の年齢を超えると、「ケバい」「厚塗り」「厚化粧」といったイメージを持たれかねません。

30代からのメイクは、どこか1箇所を主役に、そのほかの部分は脇役にする引き算メイクを意識して。

リップを主役にした場合は、アイシャドウやチークを控えめに、チークを主役にするならアイシャドウやリップの色味は抑えるなど、バランスのいいメイクがポイントです。

(2)ストレスを溜めない方法を身に付ける

ネガティブな考え方や悪習慣など、ストレスを溜めてしまうクセがある人は、ぜひそのクセを改善しましょう。

年齢を重ねれば重ねるほど、仕事や結婚、子供など自分を取り巻く環境は変わり、自分の心とゆっくり向き合う余裕がなくなりがち。ストレスを溜めやすい考えや環境のままだと、この先もっともっとストレスを溜め込んでいってしまうかも。

自分なりの気分転換の方法やストレス解消法、イライラしそうになったときの気持ちの切り替え方などを身につけておいてはいかがでしょうか。

(3)ヘアケアに力を入れる

30代になると、お肌と同じく髪や頭皮も潤いが失われはじめます。今までダメージが気にならなかった人でも、30歳を境にヘアの悩みが増える人も。カラーやパーマの回数を減らしたり、ヘアケア剤の成分にこだわってみるなど、これまで以上にヘアケア意識を高めてみては?

(4)お肌に合わせたスキンケアアイテムを使い分ける

朝も夜も、さらには夏でも冬でも、同じスキンケアアイテムを使っているという人はいませんか? 20代までは、その方法でも綺麗なお肌を維持できたでしょう。でも、30代になるとホルモンバランスや加齢による老化、ダメージを修復する力が弱まるなど、今までのようにはいかなくなってしまいます。

日中は水分をたっぷり与えるスキンケアで、夜は昼までのダメージを補修しお肌に栄養を与える美容成分たっぷりのスキンケアにするなど、お肌に合わせたスキンケアを使い分けるのが正解。

(5)痩せる<ボディラインを意識

お尻も胸もぺったんこ、潤いのないお肌……人に見られる職業でもない限り、30代の一般女性がガリガリに痩せたところで何の魅力もありません。

これまで漠然と「痩せる」を目標にしていた人は、ボディラインを魅力的にすることを優先に考えて。例えば、ウエストを引き締める、パンツが似合うお尻になるなど、パーツごとに明確な目標を持って体型維持にチャレンジして。

 

4:40代でも綺麗になるには?5つ

「今さら綺麗になれるわけがない……」と年齢や生活環境から、綺麗になることを諦めている人や、否定的に捉えている人もいるでしょう。

しかし、老化や年齢肌に本格的に取り組むべき年代だからこそ、綺麗になるチャンスがたくさんあります。

40代からできる綺麗になる方法とは、どんなものでしょうか。

(1)スキンケア方法を見直す

何年も同じ方法でスキンケアを行なっていませんか? 年齢を重ねるにつれてお肌が変化するように、それに合わせてスキンケアの方法も変えていかなければなりません。

水分を吸い込みにくいのであればブースターを使ったり、血色が悪いのなら毎日のスキンケアにマッサージをプラスしたり、乾燥が気になるのであれば洗顔後すぐにスキンケアを行うなど、スキンケアを今一度見直して、自分のお肌に合った方法を探しましょう。

(2)若いころのメイクをやめる

いつからそのメイクを続けていますか? メイクのトレンドを意識したのは何年前ですか?

年齢とともに変わっていく肌や顔に合わせて、お肌と同じようにメイクも変えていかないといけません。もし20代、30代のころからメイクをアップデートできていないなら、今の年齢に合ったメイクに切り替えましょう。それだけで「古臭い」「おばさんっぽい」といった悪い印象を改善できるかもしれません。

(3)年齢のせいにしない

「だって40代だし」「もうおばさんだし……」「今さら綺麗になったところで……」とネガティブなことばかりいう人が、綺麗になれるはずはありません。

年齢を重ねても綺麗な人は、たとえ年相応であっても若々しく見え、なんだか堂々としていますよね。

なにかと理由をつけて何もしないことが、「綺麗」を最も遠ざけてしまう原因。年齢や環境を言い訳にせず、今からできることをやってみませんか? 今までより何か1つプラスするだけで、ぐっと綺麗になれるかもしれません。

(4)バランスの良い食生活を

年齢を重ねると、日々の生活が外見に現れます。とくに年齢によって、お肌は大きく変化するものです。

お肌の調子を整えるには、やはり食生活が大切。規則正しくバランスのいい食事で、お肌の変化に対応できる健康な状態を保ちたいですね。

(5)ストレスを溜めない

30代のところでも登場しましたが、やはり「ストレスを溜めないこと」は40代になっても大切。見た目の美しさや綺麗さは、メンタル面ととても大きく関わっています。ストレスを溜め込んだり落ち込んでいると、お肌に影響がでたり、シワやくすみなど老化現象が進行することも。

ネガティブな考えやストレスの原因になるようなものは、できるだけ排除するよう意識することで、お肌や体も健康的に。年齢に負けない若々しいお肌をキープできます。

 

5:綺麗な顔・美肌が欲しい!綺麗になる秘訣3つ

綺麗な人って、見た目だけが美しいわけではありませんよね。今すぐ内面をガラッと変えることは難しいですが、意識を変えるだけでも、見た目に変化が現れるはずです。綺麗になる秘訣を3つ紹介します。

(1)生活習慣が何よりも大切!

綺麗になるためには、日々の生活がとても大切。睡眠をしっかりとる、ストレスを溜めない、バランスのいい食事や適度な運動など、健康はそのまま綺麗になることにつながっていると言えます。

年齢を重ねるにつれ、若々しさをキープする力が衰えてくるので、今まで以上に生活習慣に重きを置きましょう。

(2)ポジティブさを常にキープ

綺麗になることは、若いことや美人であること、スタイルがいいこととは違います。その年代、そのときの自分がもっとも綺麗でいるには「綺麗でいたい」「綺麗でいるために頑張ろう」というポジティブさがとても大切です。

実際にポジティブな考えを持つ人は、いつまでも若々しくイキイキとしている印象です。

(3)基本をしっかりと

例えばスキンケア。高い化粧品を使っているからといって、ほんの少量ずつをチビチビ使ったり、適当な量をパシャパシャお肌に塗っているだけでは、スキンケアアイテムの本来の効果を得られません。

スキンケアアイテムは使えばいいというわけではなく、その成分をお肌の奥まで届けることが大切。クレンジングや洗顔なども含め、普段のスキンケアのステップを見直して、お肌のことを考えた丁寧なスキンケアを行って。

 

6:まとめ

努力さえすれば、女性はいつまでも綺麗でいられます。これまで行なってきたことや日々の習慣を見直し、綺麗になる努力を惜しまず、常にチャレンジし続けたいですね。