シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

絶対流行る…発光メイク!米・人気動ガールが伝授「ストロービング」とは

夏本番を迎え、“汗で崩れないメイク”、“ビーチで映えるメイク”など、この夏のイベントをより綺麗に、美しく楽しむべく、メイク情報をリサーチ中の方も多いことでしょう。筆者もそんな一人です。

先日は、流行中のメイクや最新メイクアイテムなどを探るべく、都内で行われた『SK-Ⅱ』のイベント『美肌changeミュージアム』に参加してきました。

同イベントでは、アメリカの人気YouTuberメロディー・モリタさんがアメリカで大流行しているメイクについてお話されていました。今回は、とても興味深かったそのメイク術をご紹介します。

 

■アメリカで大流行!“ストロービング”とは?

通常、立体感メイクをするときにはシェーディングを使いがちですが、アメリカではシェーディングを使わずに、ハイライトの光だけで立体感を出す“ストロービング”というメイク術が大流行しているそうです。

『美レンジャー』の過去記事「ミランダもシフト!高感度女子は始めてる“ストロボメイク”で立体顔」でも早速取り上げていますが、ストロボメイク、ストロービングは、輝きを与えたい部分に、ツヤ出しのメイクをのせて顔を立体的に見せるというもの。

ハイライトの光だけを使っているので、メイクをしているという感じよりも、内側の素肌がキレイに発光しているかのような、ナチュラルなメリハリを出せるメイクなのです。

 

■ウェットなテクスチャーがおすすめ!

よりツヤ感とみずみずしさを出すには、パウダーよりも、リキッドやクリームなどウェットなテクスチャーのものを、高いところにのせるのがおすすめ。頬骨、眉の下、眉と眉の間など、高さを出したい箇所、立体的に見せたいところへ輝きを足していきます。

ハイライトの中でも違う色味を使って影を出すテクニックもありますが、あくまでもシェーディングは行わないそう。なかなか上手にシェーディングを使いこなせなかった方でも、これなら簡単に立体感メイクができそうですね。

 

夏も冷房により意外と乾燥するものですが、とにかくツヤ肌になれちゃう“ストロービングメイク”なら、乾燥時期でもみずみずしいお肌を演出できます! まだ日本ではあまり知られていないので、先取りメイク術として取り入れてみてはいかがですか。

 

【参考】

※ SK-Ⅱ