シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

結局…肉が勝つ?「早くても全然アリ」今ドキ男女のスピードラブ

そこのアナタ、クリスマスに向けて“クリ活”してますか?

「後もう1ヶ月ちょっとじゃん……あきらめモード(涙)」

なんてあなたに朗報です! この度パートナーエージェントの「“クリスマスの過ごし方”に関するアンケート調査」で、今ドキ男女の急ピッチな恋模様が明らかになりましたので紹介します。

 

■出会ったきっかけ“ネット”が3位!

アンケートの結果、20~30代の未婚男女のうち、恋人が“いる”のは31.0%だということがわかりました。そして、その出会いのきっかけを聞いてみると“職場で知り合った”(18.9%)、“大学で知り合った”(14.5%)、“インターネットで知り合った”(13.6%)がトップ3だということがわかりました。

ネット……! 意外に感じられるかもしれませんが、アメリカのあの有名な雑誌『PLAYBOY』も電子書籍化し、海外セレブもネットでの出会いアプリを使用していると公言している時代です。

使ったことのないアナタは勇気を持ってチャレンジするのもアリですね。「怪しそう……怖い……」なんて方は、『Menjoy!』の過去記事でも紹介していますが、「会う前にできる限り個人情報をさらけあう」「ディナーではなくランチにする」等の方法をつかうとハードルが下がると思われます。

ちなみに、4位以降は合コン、サークル・習い事が続きます。

 

■知り合ってから1ヶ月で成立多数!

続いては、交際を申し込む、あるいは申し込まれるまでの期間を聞いてみた結果、4組に1組が出会ってから1カ月以内に告白していたことが明らかに。そして、ほぼ2組に1組が出会ってから3カ月の間に恋愛関係へと発展していたことがわかりました。

曖昧な関係からなかなか抜け出せない、草食男子やチャラ男系男子とのラブに苦しんでいる女子がいる中で、知り合ってから、期間関係なく“相手に気持ちを伝えて告白する”コトができる男女も多いようです。

ここでポイントとなってくるのは、告白するのは男だけではないってところです。いつの時代も、男子は臆病なもの。なかなか告白してくれない男子には、

「○○君とこれからも一緒にいれたらいいのになぁ……」

なんてジャブを打ってみましょう。そこで「え? いるじゃん? いようよ、これからも」とか言ってきたらもうこっちのもの。

「でも、ちゃんと言ってくれないから不安……」とか「えー? それって告白(笑)?」と言って男子の心の扉を開いてあげましょう。

 

いかがでしたか。

ここ数年、筆者のまわりでは逆プロポーズをする女子がトレンド化してきています(笑)。

女子から告白も全然アリだとは思いますが、男子を立てたい気持ちもありますよね。そんなときに“助け舟”を出してあげられる“プチ肉食女子”が最後に勝つと思いますよ。

 

【参考】

※ みんな使ってる?「出会いアプリ」で失敗しないための心得2つ – Menjoy!