シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

結婚相手は直感でわかるもの?結婚する相手へ感じる直感の正体

1:結婚相手は直感で選んでいいの?

既婚者に、今の相手と結婚を決めた理由を尋ねると「ビビッときたから!」という答えが返ってくることもありますよね。

そんな話を数多く耳にしたことのある人なら「結婚相手って、直感で選ぶもの」「結婚する相手と出会えたら、直感が教えてくれるはず」なんて思っているかもしれません。

でも現実のもとして考えると、「本当に“直感”だけで選んでいいの!?」と、漠然と気になる気持ちもありますよね。

 

2:結婚する相手はわかるもの?男性&女性が直感を感じた瞬間5つ

そこでランダムに選んだ既婚者5名に「結婚相手に直感を確信した瞬間」について直撃! 赤裸々な本音を、語っていただきます。

(1)ある日、突然に

「私の場合、付き合って最初のころは、今の夫との結婚はまったく考えていませんでした。

それなのに、ある日デートしていたら突然に、“あ、私この人と結婚するかも……”って、なぜか思ったんです。それから1か月後にプロポーズされ、予感は的中しました」(アイラさん/32歳女性)

(2)出会った瞬間からなんとなく

「夫との出会いは、合コン的な飲み会でしたが、出会った瞬間からなんとなく、“この人とは縁がありそう”って感じていました。

向こうも同じように思っていたみたいで、2回目に会ったときに、結婚前提で交際を申し込まれ、そこから半年付き合って入籍しました」(まなさん/34歳女性)

(3)親密な関係になってスグに

「夫とは友人期間が長かったんですが、私が元カレと別れて落ち込んでいるときに飲みに行き、その晩にそういう関係になりました。

体を重ねているときに、それまでに体験したことのないような心地よさを感じ、“あれ? もしかして、運命の相手かも……?”って思ったんです。

あとから話したら、実は夫も、最中から似たような感情を抱いていたらしく、そこからはトントン拍子で結婚まで進みました」(あいさん/37歳女性)

(4)風邪をひいて看病してくれたとき

「まだまだ結婚なんてしないだろうと思っていた僕でしたが、妻と付き合っているときに、風邪をひいて看病をしに来てくれたんです。そのときに、不思議と、“この子と一生いるかもしれないな”って感じたんです。

特別なことをしてくれたわけでもないし、それまで付き合った元カノたちだって風邪の看病くらいはしてくれていたのに、なぜか今の妻のときだけ、そう思ったんですよね。自分でも不思議です」(たかあきさん/38歳男性)

(5)手料理を初めて食べたとき

「妻の手料理を初めて食べたとき、どこか懐かしいような感覚になりました。と同時に、“あ、この子と結婚するんだな〜”って、なんだか知らないけど、自分の中で、確信めいたものが湧いてきたのを覚えています。

メニューはハンバーグだったんですけど、あのときの不思議な感覚は、今でも忘れられないですね」(アキトさん/35歳男性)

 

3:なんとなくわかる…直感で選んだ結婚相手とのその後のストーリー3つ

実際に、“直感”で結婚相手を選んだ人たちは、幸せになっているの?

そこで、先ほど直感を感じて結婚したと語っていた人たちに、現在の結婚生活への本心を語っていただきます!

(1)「おおむね、幸せです」

「僕は、自分の直感を信じて結婚して、良かったと思っています。

そりゃあ、夫婦なんでたまには喧嘩もすればギクシャクもするけど、基本的には相性のいい妻と結婚できたと満足しています。

子どもにはまだ恵まれていませんが、これから予定している不妊治療も、この妻となら乗り越えられる気がしています」(アキトさん/35歳男性)

(2)「こんなもんかなって感じ」

「出会いから結婚まではドラマティックでしたが、結婚生活はいたって平穏です。ひと言で言えば、“こんなもんかな”っていう感じですね。

でも、夫は浮気もせずに、家庭のために遅くまで仕事をがんばってくれているし、家事にも協力的。感謝しています」(まなさん/34歳女性)

(3)「運命の出会いはあるんだ、と思います」

「今の妻を選んでからというもの、とにかく毎日が幸せで仕方ありません。

まだ結婚2年目ですけど、本当に毎日が楽しくて仕方ない。しかも、あまり女性に尽くすタイプではなかったはずの僕が、妻にはなんでもしてあげたくなってしまうから、不思議です。

やはり運命の相手っていうのは、いるんだと思います」(たかあきさん/38歳男性)

 

4:結婚相手選びには“直感”も大事!

せっかく結婚するのであれば、幸せになりたいと願うのは当たり前のお話です。

そして人生の伴侶を選ぶにあたり、“直感”も、思っている以上に大事なポイントであるというのも、あながち間違いではないようです。

まったくピンとこない相手と恐る恐る結婚してしまうよりも、少しでも「ビビッ」ときた相手と結婚したほうが、幸せな結婚生活になりそうですよ!