シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

結婚はぜったいムリ!「同棲で破局カップル」お別れの理由3つ

大好きな彼と、一緒に暮らす日を夢見ている女性も少なくないでしょう。

昔と異なり、最近では“結婚”以外の選択肢として、“同棲”を選ぶカップルも多いのですが、ともに生活することによって、見たくなかった彼の一面を知ってしまうことも……。

結婚生活と違って、同棲は相手への愛情が冷めた時点で“ジ・エンド”な結末も迎えやすいのです。

『gooランキング』が公表する調査情報も参考に、同棲から結婚に至らなくなる現実的な理由を3つご紹介します。

 

■1:金銭感覚の違い

「同棲を始めて“失敗した!”と思ってしまう恋人の行動ランキング」でワースト1位になったのは、「金遣いが荒い」で、31.6%の人が経験しているようです。

本人は“荒い”と思っていなくても、年収に大きな差があるような場合、金銭感覚にズレがあると受け取られてしまうかもしれません。

生活とお金は切っても切れないものなので、ココにズレがあると、結婚には至りにくいといえるでしょう。

 

■2:家事をしない

同ランキングでは26.2%の人が「ちっとも家事をしない」パートナーを見て、「失敗した!」と思った経験があるようです。

最近では共働きカップルも多いので、家事が女性だけの負担になるのは、不満に思う人も少なくありませんよね。

結婚後も妻だけが家事負担する生活が続くのはイヤだ!と、別れの原因にもなりそうです。

 

■3:態度が変わった

21.6%の人が「同棲して失敗した!」と思っているのは「急に態度が横柄になった」というもの。

“釣った魚に餌はやらない”という言葉もありますが、同棲することで、いつしか“お手伝いさん”のような扱いを受けるようになったり、反対に束縛が激しくて自由を失ったりすることもあるようです。

別々に暮らしているときには見えなかった“本性”を知ることで、結婚に至る可能性が低下することもじゅうぶんに考えられます。

 

いかがでしょうか?

結婚前に相手を深く知りたいからと“同棲推進派”の方もいれば、「やっぱり、一緒に暮らすのは結婚してから!」という“同棲反対派”もいらっしゃるでしょう。

同棲は結婚生活と違って、離婚よりも関係を解消しやすい面があります。結婚生活だったら乗り越えられたのに、同棲ゆえに“ジ・エンド”を迎えるケースもあるでしょう。

結婚前に、相手の悪い面を知れてよかったともいえますが、あなたは同棲推進派ですか? それとも、反対派ですか?

 

【参考】