シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

結婚したいけれど、婚活はしたくない女性に対して思うこと

すぐ結婚できそうなのに結婚しないアラサー・アラフォーの女性達

性格がよくキレイでコミュニケーション力があるのに欠けているたった一つのポイント

婚活ブログを書いていると、私自身も結婚に向けて現在進行形・発展途上の身であるにも関わらず、アラサー・アラフォー女性から婚活相談を受ける機会が増えました。彼女たちは皆、きちんと働いていて、見た目の印象も良く、対人スキルもあり、パッと見いつでも結婚できそうな、需要が高そうな女性ばかり。

「それなのに、何故彼女達は結婚出来ないことに悩んでいるんだろう、というか何年も彼氏すらいないのだろう」といつも疑問に思っていました。

しかしながら、そんな一見何の問題もない彼女達の話をよくよく聞いてみると、彼女達は一様に“自然な出会いがいい=婚活はしたくない”と言うのです。今回は、そんな彼女達に知っておいて欲しい、耳の痛い事実を記事にしました。

人気婚活ブロガーが教える「自然に出会う」ということ

30歳以降の女性で、自然な出会いから結婚に至るのはごく一部

“自然な出会いからの結婚” 誰もが憧れますよね。私だってそうでした。出来ることなら仕事や趣味を通じて自然に惹かれ合い、恋人として数年間お付き合いした後に、ある日突然プロポーズされて結婚!まさに王道!!

しかしながら、30歳以降の女性にとっては、そんな自然な出会いが可能になる年齢はとっくに過ぎているというのが厳しい現実。あなたが20代中盤~後半なら、結婚に繋がる出会いがあるかないか不確かな趣味の場等に顔を出して、誰と何が起こるかわからない状況にドキドキ、ハラハラするのも良いでしょう。

しかし、今現在あなたが30歳を過ぎていて、ここ1~2年で結婚したいと思っているなら、要注意。自然な出会いに拘りすぎるのはかなり危険、いや自殺行為だと思った方がいいのです。

自然な出会いを望んだ30代女性の実態

もちろん、30歳以降の女性で、趣味サークルで知り合った年下ハイスぺ君と結婚した事例もないことはないですよ。私の周りでもありますし。

でも、それって珍しいから話題になるだけで、私の周りのその他大勢の婚活女性は、そこで何の発展的な出会いもなく、お金と時間を浪費しているのが実態です。

自分の容姿・内面共に相当な自信があり、20代女性と戦っても負けない!!と断言できる程の特別な女性以外は、結婚を求めている人が集う場(結婚相談所・婚活パーティー・婚活アプリ等)でお相手を探した方がよっぽど効率的だと言えます。

30歳以降の女性の市場価値は、思っている以上に低い

30歳を過ぎても、お相手男性に求めるスペックが20代の頃と全く変わらない女性がいます。見た目に気を使っていて、キャリアも積み上げている魅力的な女性ほどその傾向がありますね。「決して贅沢は言わないけど、学歴・収入は自分と同等かそれ以上、見た目はイケメンではなくても自分好みが良くて、身長は170センチ以上、ちゃんとコミュニケーションが取れる人で、女性の扱いが分かる男性」

その気持ちは痛いほど分かります。自分自身も社会で努力を重ねキャリアを積んできて、見た目にも気を使っていたら、お相手にも自分と同等のものを求めてしまいますよね。しかしながら、30歳以降の女性は、お相手に自分と同等のものを求めること自体が既に、理想が高いと言われてしまうのです。

なぜなら、男性で自分と同じ条件を持っている人は、相対的に少ないから。

30歳以降の女性は、年齢の割には綺麗だし、まだまだ周りに褒められることも多いかもしれませんが、それはあくまでも「年齢の割には」という枕詞がつくもの。

年齢・学歴・収入が同じ男性と女性の婚活評価の差

それに、結婚を考える男性にとって「年齢」は重要なファクターであり、条件が整っている男性ほど、選ぶ権利があります。なので、自分が同等と思っている男性の市場価値は自分が思っているレベル感の2~3段階くらいは高い、と思っておいた方がいいでしょう。

ここが十分に腹落ちしていないから、これまでお伝えしたような、自分の実力で勝負しなければいけない趣味の場で

  1. 結婚相手を探す!とお相手を探し求め
  2. 誰とも関係が発展せず
  3. その間にも自分の結婚相手としての市場価値は刻一刻と目減りし
  4. 婚活市場に出戻ったところで上手くいかない、疲れる
  5. そしてまた趣味の場へ戻る・・・

という負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

これ、なんとも偉そうに書いていますが、何を隠そう私自身が陥っていた病です(笑)。趣味の場だって、まだまだお声がけはあるし、年下君ともデートだって出来るし、私が求める条件を満たした男性に知り合って結婚するチャンスはある・・・恥ずかしながら、無意識にそう思っていたのだと思います。

あとは、自分が設定している条件がいかに高望みなものなのか、気がついていなかった。だって、自分が持っているもの(学歴・収入)と同等レベルを求めているだけなのですから。自分が苦労して得た物と同等の物を求めて何が悪いのか、と。

実年齢より若く見えても20代女性にはかなわない

しかしながら、忘れちゃいけないのは婚活市場は需要と供給で成り立っている世界。自分が求める条件の男性は、アラサー女性からも当然需要があるわけで、手に入れる難易度がめちゃめちゃ高いという観点が、完全に抜け落ちていたんですよね。

30歳以降のあなたが実年齢よりも若く見えて、中身が素晴らしかろうとも、実年齢だけは絶対に変えられません

同じように素晴らしい20代女性がいたら、そちらを選ばれてしまうのが現実です。自分と同等の条件を持つお相手=自分の市場価値の2~3段上であるということは常に認識しておいた方がいいでしょう。

(婚活市場に出れば、いやでも自覚することになりますがw)

30歳以降は、モテの質が変わる?

いやいや、そうは言っても私は20代の頃と変わらずモテてますけど!というあなた。

よーく考えてみてください。そのモテの質、若い頃と変わってませんか?

20代の頃は結婚を真剣に考えた同世代男性からのお声がけが多かったけど、30歳を過ぎたら、これまで独身生活を謳歌してきて結婚願望が薄い男性からの気軽なお誘いが多かったり、たまに情熱的にアプローチしてくる男性がいても、蓋を開けてみたら、単に恋愛気分を味わいたい既婚男性だったりしませんか?

結婚願望がない男性からのお声がけが増える

バー

私の周りの30歳以降の女性を見ていると、モテると言われる女性でも、よくよく話を聞いているとモテの質が変わっている傾向にあります。

(“自分は若い頃以上にモテる”と信じて疑わない女性ほど、このような傾向があるんですよね。)

辛くても婚活市場の自分の価値を直視して

そのプライド、捨ててはどうですか?

以上が、“結婚したいけど、婚活はしたくない婚活女性に対して思うこと”です。

年齢を重ねた女性には、その年齢に応じた魅力があるのは当然ですが、それが婚活市場の大原則を覆す程の魅力になるか、というとそれは全くの別問題。

これまでモテてきた女性ほど、これまで自分がモテてきたプライドもあり、自然な出会いに拘りがちですが、30歳を過ぎて、ここ1~2年で結婚したいと思っているならば、もうそんなつまらないプライドに拘っている時間はありません

自分の年齢に対して必要以上に卑屈になる必要はありませんが、なんとなく見ないふりをしている“婚活市場における自分の価値”を今一度真剣に考え、自然な出会いに拘りすぎず、アグレッシブに婚活に取り組むことを強くお勧めします。

The post 結婚したいけれど、婚活はしたくない女性に対して思うこと appeared first on まりおねっと.