シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

約10分で贅沢気分! 世にも簡単な「手羽中の塩焼き」はビールに最高すぎるのです☆

DSC02805
2015年もそろそろ終盤。クリスマスや忘年会など、みんなで集まる口実がいっぱいの楽しい季節がやってきましたね。当然、時間やお金を気にせずにくつろげる「家呑み」をする機会も増えそうな予感なのですが……。

家呑みって、おつまみ用意しなくちゃいけないんですよね〜。

というわけで本日は、世にも簡単なおつまみ「手羽中の塩焼き」のレシピをご紹介します。ささっと作れるのに焼き鳥屋さんのような味わいを楽しめる「手羽中の塩焼き」は、ビールや白ワインとの相性抜群です。

【材料はお肉と調味料のみ】

用意するのは、手羽中クレイジーソルトコショウのみ。あとはお好みでレモン。手羽先は中まで火を通すのに時間がかかるので、手羽中の方がお勧めです。

【作り方】

それでは早速作っていきましょう。

手羽中に、
DSC02775

クレイジーソルトを
DSC02782

多めにふって、
DSC02783

コショウも、
DSC02786

多めにふって、
DSC02789

お肉に味がしみこむように、よく揉み込んで、
DSC02790

魚焼きグリルに、皮面を上にして並べて中火で8分焼く。
DSC02791

皮がパリッとしたら裏返して5分ほどさらに焼く。
DSC02794

お好みでレモンを添えて、出来上がり。
スクリーンショット 2015-11-25 18.56.16

要は、塩こしょうを多めにふって、魚焼きグリルで焼くだけ。簡単でしょ!? 

ポイントは、魚焼きグリルを使うこと。余分な油が下に落ちて皮がパリパリになるので、焼き鳥屋さんで出される手羽そっくりになりますよ。

集まりの多いこのシーズンはいつも手羽を冷凍庫に入れておけば、突然の来客にも余裕で対応できて安心ですね。家で焼き鳥屋さん気分を味わえる「手羽元の塩焼き」。ぜひお試しあれ。

画像・執筆=南野バンビ(c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 約10分で贅沢気分! 世にも簡単な「手羽中の塩焼き」はビールに最高すぎるのです☆
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事