シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

精力アップするには?精力アップに役立つ食べ物と生活習慣10選

1:精力アップするには?

「精力をつけたい」と思うのであれば、規則正しい生活と栄養バランスが整った食生活が近道。不規則な生活や偏った食生活では、身体に負担がかかってしまい、精力どころか、体力や気力まで消失しかねません。

「彼に精をつけたい!」と思うなら、まずは食べ物や生活習慣から変えてみることがおすすめです。

精力をつける食べ物や生活スタイルを意識した結果、今までよりも体力がつき、あらゆる面で元気に生活できるようになっている男性も少なくないんですよ。

 

2:精力アップしたいときの食べ物5選

まずは、精力アップを図りたいときにおすすめの食べ物を5つ、ご紹介します。

(1)カキ

精力アップを語るときに必ず出てくる栄養素が亜鉛。亜鉛は、性機能に深く関係している成分で、不足すると性欲が失われたり、疲れやすくなってしまうという話も有名です。

この亜鉛を豊富に含んでいる食材として定番な食べ物がカキです。もっと手軽に食べられるものなら、アーモンドもおすすめです。

(2)豚肉

疲労を予防して元気な体に整えるなら、ビタミンB1やタンパク質が豊富な豚肉を積極的に食べましょう。牛肉と比べると、ビタミンB1は約10倍も含まれています。

また豚肉にはアルギニンという、疲労回復だけでなく、性機能の向上が期待できる成分も。まさに「精をつけたい!」という目的のときに適した食材です。

(3)山いも

「山のうなぎ」と呼ばれているほど、体力増強の効果が高いとされている山いも。先ほど紹介したアルギニンや亜鉛に加え、疲労回復やタンパク質の吸収を促す効果のあるムチン(ねばねば成分)など、精力と関連する栄養素が豊富に含まれており、精力アップの食材としては定番です。

(4)イチゴ

イチゴはビタミンCが豊富で、たった9個程度食べるだけで、1日あたりの摂取基準に達するという、効率のいい食材。

風邪を予防したり、胃腸を整えたりする働きがあることで有名なビタミンCですが、実は精子の形成にも役立つと言われています。効率的に精力アップしたいときにはおすすめのフルーツです。

(5)しょうが

しょうがに含まれているジンゲロールは、血行促進や代謝を高める働きがあることで有名です。当然、下半身の血の巡りにも影響してくるので、精力に関係してきます。

また、食欲増進作用もあるので、疲れが溜まっていて食欲がないと感じるときにも効果的。精力アップとはいえ、まずは健康な体であることがいちばん。彼氏が仕事でお疲れ気味という場合は、生活にうまく取り入れるといいでしょう。

 

3:精力アップするための生活習慣5つ

精力アップを目指すなら、生活習慣も整える必要があります。ここからは精力アップするための生活習慣を5つご紹介します。

(1)早寝早起き

夜更かしをしていると、体力がどんどん奪われてしまい、睡眠の質も低下して、一日中ボーッとしてしてしまうということも。結果として精力がダウンしてしまう人も少なくありません。

しっかりとした睡眠や規則正しい生活は、すべての元気の源。早寝・早起きを意識して規則正しい生活を心がけましょう。

(2)運動習慣をつける

セックスに不可欠な体力をつけることを考えても、適度な運動を心がけることも大切です。また運動習慣のある男性は、運動しない男性に比べてEDリスクが低いという研究結果も発表されているので、まったく運動をしない彼には何か始めるようにアドバイスするといいかもしれません。

(3)朝陽を浴びる

朝陽をきちんと浴びることは、自律神経を整えるメリットが期待できます。自律神経の働きが乱れてしまうと当然ながら精力は減退傾向に傾きがち。

朝陽を浴びると、体内時計がきちんとリセットされ、自律神経が正しく働くよう調整されると言われています。

(4)笑う

よく笑うことも、精力アップには欠かせない習慣です。

日ごろからクヨクヨと考え込み仏頂面ばかりしていたり、無表情な顔ばかりがクセになったりしていると、免疫力もダウンしかねません。実は、笑うことで、免疫力が高まるとされています。

免疫力が上がれば、元気も出てきやすくなり、これが精力アップにも通じます。

(5)ストレスを溜めない

ストレスは万病のもと。なので、ストレスを溜め込まないマインドセットを目指すのも、精力アップには不可欠です。

ストレスを溜め込んでしまえば、身体のあちらこちらに不調が出てきやすくなるうえに、なんとなく元気がない、力が出ない……ともなりがち。

ストレスをゼロにすることはできませんが、その都度、効率的に解消できる術を見つけておくことも大切です。

 

4:精力アップを狙って元気な体を!

彼の精力がダウンしているときには、生活習慣や食生活にその原因が潜んでいることも少なくありません。精力アップ食材を使った料理を作ってあげたり、一緒に運動してみたり、パートナーとして協力できるところから、ひとつずつ始めてみましょう。