シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

米国女子が大注目!最強白肌を叶える「マリー・アントワネット」メイク

美白への憧れが強いアジアの中でも、特に肌の白さを求めているのが美容大国の韓国。女優もアイドルもモデルも見る人は皆、透明感のある美肌を誇っているほどです。

TVや雑誌で見かける度に、皆さんも「あんな白肌になれたら……」とため息をついてはいませんか?

米美容サイト『Refinery29』では、白い肌とその肌を引き立てるメイクを“マリー・アントワネットメイク”と称してフィーチャーするほど。今回は、米国でも注目となっている、実際の韓国アイドルグループ・Red Velvetも実践のマリー・アントワネットメイクを紹介します。

 

■1:メイク前もメイク中もオイルが活躍

ただ白いだけでなく、透明感ある白さを演出するには潤いが重要。そのためRed Velvetのメイクアップアーティストは、保湿力抜群のオイルを活用しているそう。まずはメイク前の仕上げとして、オイルをたっぷり肌になじませて十分に保湿。そしてファンデーションとも混ぜることで、潤いながらカバー力のある肌を演出。オイルとファンデーションの割合は、1:2がベストだそうです。

 

■2:下地はツヤ力重視

ツヤのない白肌は不健康に見えがち。肌にツヤと輝きを出すために、ツヤ力重視の下地を選びましょう。さらにメイクアップアーティストによると、下地をきちんと肌になじませたら、再度オイルを重ねるんだそう! そうすることで次に重ねるコンシーラーやファンデーションが重くならず、ナチュラルに見えるんだそうです。

 

■3:目元はパステルカラーで白肌を強調

マリー・アントワネットのイノセントな魅力に欠かせないのが、パステルカラーのアイメイク。マットな質感のアイカラーで、特に緑色がオススメ。白肌を際立たせるために、たっぷりのせるのではなく、薄く入れるのがポイントです。

 

■4:ピュアな白肌はカラーパールのパウダーで仕上げ

マリー・アントワネットといえば、そのピュアでドリーミーな肌が特徴。演出するための仕上げは、普通の白いお粉ではなく、カラーパールが散りばめられたパウダー。様々な色ときらめきの力を借りれば、柔らかい、ソフトなライトが当たっているような光輝く肌が出来ます。

とはいえ、つけ過ぎは厳禁。頬骨、鼻筋、おでこにのみにサッと軽く付けるようにしましょう。

 

■5:修正は保湿ミストで

メイク直しやヘアの修正としてメイクアップアーティストたちが使っているのが、保湿力たっぷりのミスト。細かな霧状のものを選べば、メイクがよれることがありません。さらに肌の乾燥を感じたときも吹きかけることで、再度ツヤ肌を蘇らせることができます。

 

上記以外にも、チークとリップは赤系ピンクにすると、肌の白さが際立ちます。是非これらを試して、最強の白肌を作ってみましょう。

 

【参考】

※ Inside Korea’s Marie Antoinette Beauty Trend – Refinery29