シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

笑いはこらえて!「恋愛マニュアル読みすぎ男子」の仰天デートとは

笑いはこらえて!「恋愛マニュアル読みすぎ男子」の仰天デートとは

「この人は、あんまり恋愛経験がないんだろうな」

経験の少なさを補おうと、友達などからのまともなアドバイスを聞いてデートのプランを立ててくれる男性ならよいのですが、恋愛経験の少ない男性の中には、恋愛テクニックを紹介している恋愛指南書などを悪い方向に解釈してしまい、デートの際に女性をドン引きさせてしまう……なんて人が稀にいるのをご存知ですか?

そんな恋愛指南書読みすぎ男子の驚きの行動について、今回は『gooランキング』で発表された「恋愛マニュアルを意識しすぎな、デート中の男性の行動ランキング」をもとにみていきたいと思います。

 

■デートの冒頭で、いきなり大量のバラをプレゼントしてくる

男性向けの恋愛指南書には必ずと言っていいほど、この2つの記述があります。

「女性は花をプレゼントされると喜ぶ」

「108本のバラの花束は、結婚してくれの意味」

単体で見ればまっとうなアドバイスであるこの2つをどこで勘違いしたか、デートの冒頭で一緒に実行してくる男性がごく稀にですが存在するようです。「嬉しいけど、まだ結婚なんて考えてないし、そもそも花束がデートに邪魔!」なんて女性の気持ちを想像できないのでしょうか。

 

■普段やらないのに、車をバックさせるとき助手席の後ろに手を回す

これも男性向けの恋愛指南書には必ず書いてあるテクニックです。女性に聞いても「ドキッとする!」という答えが多いのですが、残念なのは、普段は助手席の後ろに手を回す癖なんてないのにデートのときだけ頑張っちゃう男性の存在です。

普段やらない動作だから、なんだか不自然だし、駐車も上手くいかない。そんな本末転倒の男性の行為にゲンナリする女性が案外多いそうです。せめて事前に練習してきてほしいですよね。

 

■綺麗な景色を見ながらの「君のほうが綺麗だよ」

綺麗な夜景を前に「君に見せたかったんだ」、「君のほうがきれいだよ」とクサいセリフを言ってくる、という男性の行為にゲンナリしたという女性も声が多く聞かれました。

「女性はストレートな言葉に弱い」

「女性は夜景の綺麗なところで口説け」

恋愛指南書にあるこの2つを、悪い方向に混ぜた結果、このような“大惨事”が発生するのでしょう。もちろん男性の言い方もあるのでしょうが、あまりにもベタすぎて笑ってしまいますよね。恋愛経験の少ない男性ほど、やらかしがちな失敗例のようです。

 

皆さんに最後にお伝えしたいことは、男性には悪気がないということです!

すべては恋愛経験の少なさが原因で、彼があなたのことを好きなのは間違いありません。こういう男性に出会ってしまったら、それとなく指摘して、あたたかく成長を見守ってあげましょう。約束ですよ!

 

【参考】

 恋愛マニュアルを意識しすぎな、デート中の男性の行動ランキング – gooランキング