シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

積極的に!「男が作って欲しい料理」1位がアレにもビンビン効く

肉じゃが、卵焼きといえば、男性が彼女につくって欲しい手料理の代表ですよね。

特に肉じゃがは、お袋の味的なイメージも強くあります。

ですが、本当は男性が彼女につくって欲しい手料理の第1位は、肉じゃがでも卵焼きでもないことを知っていますか?

そして、その第1位の料理は、じつは女性にも美容や健康のためにも、積極的に食べて欲しい料理なんです。

そこで今回は、男性が彼女につくって欲しい手料理の第1位をお知らせするだけではなく、その隠された効果についても、お伝えします。

 

■男性が彼女につくって欲しい手料理

マルハニチロが、全国の15歳~69歳の男女に対し、和食・日本料理に関する調査をおこなっています。

それによれば、男性が好きなひとに作ってもらいたいメニューは、第1位がみそ汁(46.2%)、第2位が肉じゃが(41.2%)、第3位が卵焼き(36.6%)、第4位が炊き込みご飯・混ぜご飯(30.8%)、第5位が煮物(26.4%)でした。

なんと、肉じゃがや卵焼きをおさえて、味噌汁が第1位という結果に。これって、意外ですよね。

 

■みそ汁の美容・健康効果

みそ汁といえば、当然ながらみそでつくりますよね。みその原料である大豆は、豊富なタンパク質だけではなく、発酵によって必須アミノ酸や各種ビタミンが含まれます。つまり、みそはマルチサプリメントと同じなんです。

しかも、大豆のタンパク質は消化吸収が悪いものの、みその大豆タンパク質は発酵によって、60%が水溶性に変わり、30%がアミノ酸に分解されているため吸収されやすいんです。

そして、1日3杯以上のみそ汁で乳がんの発生率が40%減少するという厚生労働省の研究や、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと同じように作用をすることから、骨粗鬆症だけでなく、更年期障害を緩和するという報告もあります。

アミノ酸やビタミンは、美容や健康に不可欠な栄養素。みそ汁は、男性につくってあげるだけではなく、女性自身も積極的に取り入れたい料理の一つだったんです。

 

いかがですか。今月は父の日もあります。みそ汁は、彼だけではなく、父の日にパパや彼パパにつくってあげてはどうでしょうか。

彼をオトす手料理レシピをもっと知りたい方はこちら!

 

【参考】

※ 和食・日本料理に関する調査 – マルハニチロ