シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

積極的に食べさせたい!「恋の夏バテ防止」に効きまくる食べ物5つ

暑い季節になってきましたね。これから夏本番で出会いの季節だというのに、その前に夏バテしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は夏バテに関する調査レポートとその対策を見ながら、この夏を乗り切る方法について考えていきましょう。

 

■女性の方が夏バテ率が高い

宿泊予約サイト『ゆこゆこネット』が実施したアンケートによると、「夏バテになったことがある」と答えた人を男女別で見てみると、男性は29.1%だったのに対し女性は38%にも及んだそうです。つまり女性のうち、3人に1人が夏バテを経験していることになります。

 

■夏バテを防止するには?

ではこんな夏バテを防いだり回復させるにはどもような対策をとるのが良いのでしょうか。

同調査によると、エアコンや扇風機といった家電を用意することや、日焼け止めや帽子といったアイテム、麦茶などの飲みもので夏バテを防ぐ方は多い様子です。

ほかにも夏バテを防止できる方法はあるのでしょうか?

『Menjoy!』過去記事の「男のほうがバテやすい!? “夏バテ男子”に食べさせたいもの4つ」によると、豚肉、すっぱいもの、パセリやアボカド、トマトが良いとのこと。

豚肉には疲労回復効果の高いビタミンB1などが含まれています。夏バテ対策には“焼き肉”を挙げられる方も多いとは思いますが、肉を食べるのであれば豚肉を中心にしつつ、レモンなどを添えて一緒にクエン酸をとると、カラダもシャキッとして元気になるかもしれません。

またパセリやアボカドにはカリウムというミネラルが含まれています。カリウムが汗とともに排出されることによって体内で電解質が不足し、夏バテの原因にもなり得ます。

肉の後にはアボカドサラダをしっかり摂って夏バテ知らずのカラダを手に入れたいところです。ちなみに暑い夏の定番ともいえる“麦茶”もカリウムが多く含まれているので、お水代わりに飲むのも良さそうです。

トマトと言えば夏野菜の代表格。こちらは荒れた胃を緩和させるビタミンCが豊富に含まれています。ビアガーデンなどでお酒を多く飲んだ翌日にはトマトで胃を回復させることで、胃のストレスを緩和させてあげましょう。

 

以上、夏バテの実態とその対策についてのご紹介でした。

いかがでしたか? 食べ物であれば生活の中にも取り入れやすく、実践できそうですよね。恋が夏バテしないように、まずはカラダを整えて出会いの季節を楽しみましょう!

 

【参考】